石川県立大聖寺実業高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
石川県立大聖寺実業高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 石川県の旗 石川県
学区 全県一学区
校訓 誠実・友愛・創造
設立年月日 1965年9月
創立記念日 11月12日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 電子機械科
情報ビジネス科
学期 3学期制
高校コード 17101J
所在地 922-8515
石川県加賀市熊坂町ヲ77番地
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
石川県立大聖寺実業高等学校の位置(石川県内)
石川県立大聖寺実業高等学校

石川県立大聖寺実業高等学校(いしかわけんりつ だいしょうじじつぎょうこうとうがっこう)は、石川県加賀市熊坂町にある県立高等学校

設置学科[編集]

  • 電子機械科(2020年 令和2年に機械システム科へ名称変更予定)
  • 情報ビジネス科

概要[編集]

加賀市の中心部「大聖寺」地区にあり、JR大聖寺駅より南西の小高い丘に校舎は位置する。 霊峰白山を遥かに望み、石川県の県鳥「イヌワシ」を抽象化しその中に「大」と「実」を構成する校章から、高い視野にたって、 自然界の厳しさの中を力強く生き抜く、基本的生活習慣を確実に身に着けた、社会に求められる専門高校生の育成に向けて、教職員、地域社会が一丸となって取り組んでいる。

生徒の主な通学地域である加賀市での通称は「実高(じっこう)」。他に「大実」、「聖実」という通称もある。

沿革[編集]

経緯[編集]

1965年9月に大聖寺高等学校から商業科3学級が分離独立し、熊坂町の小高い丘の上に創設され、1968年に機械科2学級が併設され、その後、幾多の学科改編やクラス数の増減を経て、現在は、情報ビジネス科1学級、電子機械科2学級を設置する、2014年11月に創立50周年を迎えた南加賀唯一の実業高等学校である。

年表[編集]

  • 1965年 - 大聖寺高校商業科3学級が分離独立する形で大聖寺実業高校設立。
  • 1968年 - 機械科2学級を新設。
  • 1969年 - 機械科1学級を自動車科に改編。
  • 1975年 - 創立10周年記念式典挙行。
  • 1984年 - 創立20周年記念式典挙行。
  • 1989年 - 機械科・自動車科を電子機械科2学級に改編。
  • 1992年 - 商業科を2学級とし商業科1学級を情報・デザイン科2学級に改編。
  • 1994年 - 情報・デザイン科2学級を情報ビジネス科1学級と情報デザイン科1学級に改編。
  • 1994年 - 創立30周年記念式典挙行。
  • 1996年 - 商業科の募集を停止。
  • 2004年 - 創立40周年記念式典挙行。
  • 2008年 - 情報デザイン科の募集を停止。
  • 2014年 - 創立50周年記念式典挙行。

教育方針[編集]

真理と正義を愛し、知性をみがき個性の伸長に務め、人間性豊かで たくましい産業人を育成する。

  • 社会に貢献する意識の醸成
  • 個性や創造性の尊重
  • 心豊かな人格の形成
  • 健康と体力の増進

著名な関係者[編集]

出身者[編集]

関連項目[編集]