石川県立航空プラザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 石川県立航空プラザ
Ishikawa Aviation Plaza
Ishikawa Aviation Plaza Front.jpg
石川県立航空プラザ
石川県立航空プラザの位置(石川県内)
石川県立航空プラザ
石川県内の位置
施設情報
正式名称 石川県立航空プラザ[1]
専門分野 航空
事業主体 石川県
管理運営 小松市(施設管理者)
小松市まちづくり市民財団(指定管理者[2]
延床面積 6,018m2
開館 1995年11月27日
所在地 923-0995
石川県小松市安宅新町丙92番地
位置 北緯36度24分16秒 東経136度24分38.2秒 / 北緯36.40444度 東経136.410611度 / 36.40444; 136.410611座標: 北緯36度24分16秒 東経136度24分38.2秒 / 北緯36.40444度 東経136.410611度 / 36.40444; 136.410611
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

石川県立航空プラザ(いしかわけんりつこうくうプラザ)は、石川県小松市安宅新町にある航空専門の博物館である。小松飛行場(小松空港)の北側に位置している。

概要[編集]

1995年11月27日に開設された航空機および航空を主体にした博物館で、日本海側では唯一の航空博物館である。施設設置者は石川県、施設管理者は小松市で小松市まちづくり市民財団が指定管理者として運営を行っている。

屋外および航空プラザ1階にはヘリコプター航空自衛隊戦闘機パラグライダーなど飛行機実機が常設展示されており、展示機によっては着席することもできる。また、YS-11シミュレーター全日空で実際に使用されていたもの)や航空管制シミュレーターも体験することができる(有料)。

2階では航空機の歴史や構造について模型などの展示が行われている。2012年4月には子供広場「ぶ~んぶんワールド」がオープン。

2019年まで使用された旧政府専用機ボーイング747)の貴賓室が、防衛省が無償貸与する方式で石川県立航空プラザにおいて展示[3][4]2020年浜松広報館静岡県浜松市西区)とともに展示を開始し、同年6月6日から2022年4月まで展示される予定となっている[5][6]。なお、浜松広報館は新型コロナウイルス感染防止に伴う休館のため、航空プラザが先行での公開となった[7]

施設概要[編集]

  • 敷地面積:16,289m2
  • 建築面積:4,785m2
  • 延床面積:6,0182
  • 開館時間:9時 - 17時
  • 休館日:月曜日祝日・振替休日の場合は翌日)、年末年始
  • 入場料:無料(シミュレーターなど一部設備は有料)

主な展示物[編集]

HSS-2B 対潜ヘリコプター
(屋外展示)
屋外
屋内

館内施設[編集]

  • ぶ~んぶんワールド

アクセス[編集]

交通機関
  • 小松バス「航空プラザ」バス停すぐ
  • 北陸鉄道・小松バス小松空港各バス乗り場より徒歩5分
自動車
  • E8北陸道 片山津IC小松ICより約10分
電車

脚注[編集]

  1. ^ 航空プラザ条例
  2. ^ 小松市指定管理者制度について
  3. ^ “前政府専用機(B-747)貴賓室の無償貸付先について” (PDF) (プレスリリース), 航空自衛隊航空幕僚監部, (2019年6月5日), https://www.mod.go.jp/asdf/news/release/2019/0605/010605.pdf 2019年7月18日閲覧。 
  4. ^ “旧政府専用機B-747初号機が離日 旅客型ジャンボ姿消す”. Aviation Wire. (2019年6月28日). https://www.aviationwire.jp/archives/176696 2019年7月18日閲覧。 
  5. ^ “旧政府専用機の貴賓室公開 石川県立航空プラザ”. 日本経済新聞. (2020年6月8日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60087700Y0A600C2910E00/ 2020年6月13日閲覧。 
  6. ^ “空飛ぶ貴賓室、小松で公開 前政府専用機の机やソファ展示”. 北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ(北國新聞). (2020年6月7日). https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000024200 2020年6月13日閲覧。 
  7. ^ “旧政府機貴賓室間近に 浜松・空自広報館が展示開始”. 静岡新聞. (2020年7月4日). オリジナルの2020年7月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200707123922/https://www.at-s.com/news/article/local/west/782674.html 2020年10月23日閲覧。