石川県道114号小原土清水線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
一般県道石川県道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
石川県道114号標識
石川県道114号
小原土清水線
総距離 10.627km
(重複区間を含まない)
陸上距離 10.627km
制定年 1973年(昭和48年)
起点 内川ダム前
石川県金沢市小原町)
主な
経由都市
金沢市
終点 土清水交差点(金沢市土清水町)
■Template(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路

石川県道114号小原土清水線(いしかわけんどう114ごう おはらつちしみず(つしょうず)せん)は金沢市小原町と土清水町を結ぶ一般県道石川県道)である。

目次

概要

内川ダムから筍で有名な金沢市別所町まで北上、同町の農協前を東へ右折し、内川を渡る。天池橋詰で左折して、天池橋で犀川を渡り、末駐在所前交差点まで小立野台地を登る。末駐在所前交差点からは、県道207号線と重複し、終点の土清水交差点で県道10号線と接続する。

歴史

  • 1973年昭和48年)3月31日 金沢市菊水町(現・内川ダム湖の南端付近)から現在の終点までを「菊水土清水線」に認定。
  • 1977年(昭和52年)1月14日 「菊水土清水線」を廃止。「菊水土清水線」から菊水町から内川ダム(金沢市小原町)の間を除外した現区間を「小原土清水線」に認定。内川ダムの影響により小原町以南の菊水町や堂町が廃町になったため。
  • 金沢市土清水町は、そもそも「つしょうず」「つっちょうず」と呼ばれていた。(加賀地方では「清水」を「しょうず」と呼んでいた。)宅地開発などの影響で新しく住まうようになった人々を中心に「つちしみず」と呼ぶようになり、この呼び方が広がってしまった。

接続道路

重複区間

  • 石川県道207号倉谷土清水線(金沢市末町・末駐在所前交差点 - 同市土清水町・土清水交差点)

周辺施設

  • 内川ダム
  • 金沢市立内川小学校
  • 金沢市立内川中学校
  • 内川スポーツ広場
  • 石川県埋蔵文化財センター
  • 犀川峡金沢温泉滝乃荘
  • 石川県立金沢辰巳丘高校

関連項目

今日は何の日(7月16日

もっと見る