石川県道126号宇野気停車場線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
一般県道石川県道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
石川県道126号標識
石川県道126号
宇ノ気停車場線
総距離 0.609km
陸上距離 0.609km
制定年 1960年昭和35年)
起点 JR宇野気駅
石川県かほく市森)
主な
経由都市
かほく市
終点 宇ノ気大橋交差点
(かほく市宇野気)
■Template(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路

石川県道126号宇ノ気停車場線(いしかわけんどう126ごう うのけていしゃじょうせん)は、石川県かほく市宇ノ気地区内にある一般県道(石川県道)である。

目次

概要

かほく市宇ノ気地区の中心地にある宇野気駅と石川県道59号高松津幡線とを結ぶ。かつては、宇ノ気交差点で国道159号(通称・産業道路、現在は市道に降格)と接続していた。起点から、JR七尾線に沿って弧を描くように宇野気地区を南下し、終点に至る。

現況

2000年代前半までは車道のみで構成され、両側幅員6.0m(片側3.0m)の道路であった。沿道には駅前から続く商店や民家が連なっており、特に本町地内ではカーブしていることから見通しが悪かった。これを解決すべく、2000年代後半からは道路の拡幅が行われ、同時に街並みを修景するプロジェクトが進められている。これにより、車道は両側9.0m(片側4.5m)に拡幅し、うち両側3.0m(片側1.5m)には停車帯が設置される。また、新たに車道両側に幅員2.5mの歩道が設置され、街路樹も植えられる。後述の第1期工事完了に合わせて、歩道には沿線のかほく市立宇ノ気小学校の児童が作成したレリーフが埋め込まれている。

車道中央部には、中央線の白実線に沿って、地下水による消雪パイプ(融雪装置)が設置されている。この消雪パイプは、上水道配水管工事と合わせて1,000万円[2]で設置された。石川県内の町や村の道路に消雪パイプが設置されたのは、これが初めてであった。

沿道には県道番号標識が立てられていない。県道であると認識できるものとして、終点の宇ノ気大橋交差点に設置されている案内標識がある。この案内標識には当県道方向の矢印に当県道番号が付されている。

歴史

  • 1956年昭和31年):宇野気駅前202mを60万円(宇ノ気町負担15万円)かけて舗装。
  • 1957年(昭和32年):宇野気駅前240mを100万円(宇ノ気町負担25%、地元25%)かけて舗装。
  • 1958年(昭和33年):197mを舗装。
  • 1960年(昭和35年):県道宇ノ気津幡線(現在の石川県道59号高松津幡線)と合わせて、舗装260mを150万円かけて舗装。これにより、全区間舗装完了。
  • 1960年(昭和35年)10月15日:路線認定。
  • 1971年(昭和46年)12月:融雪装置設置。
  • 2005年平成17年)9月:都市計画道路宇ノ気狩鹿野線「街なか再生・目抜き通り整備事業」の第1期工事(220m)開始。
  • 2007年(平成19年)3月:上記第1期工事(220m)が完了。
  • 2009年(平成21年)5月30日:「都市計画道路宇ノ気狩鹿野線」を「都市計画道路宇野気ふれあい通り線」に改称。
  • 2011年(平成23年)2月現在、上記第2期工事が進められている。

接続道路

道路の通称

  • ふれあい通り
    • 道路の通称名を標す案内標識(119-A、119-B、119-C)の替わりに、歩道部に「ふれあい通り」と標した標石が立てられている。

周辺

  • JR七尾線 宇野気駅
  • PFU本社
  • かほく市立宇ノ気中学校
  • マイタウンパオ
  • JA石川かほく 宇ノ気支店
  • ふれあい公園
  • 宇野気区公民館 - 宇ノ気スポーツセンター
  • かほく市立宇ノ気小学校
  • かほく市寸心園(旧西田記念館)
  • 新宇ノ気川

その他

  • 当県道の法定路線名に使われている「うのけ」は、駅名や周辺の大字名などで使われている「宇野気」ではなく、旧自治体名や河川名などで使われている「宇ノ気」である。

参考文献

  • 『道路現況調書』 石川県土木部道路整備課、2009年
  • 『石川県宇ノ気町史』 宇ノ気町史編纂委員会、1970年

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 『道路現況調書』(石川県土木部道路整備課、2010年)に明示されている「起終点」には「石川県かほく市宇野気森レ87番2地先」となっているが、これは誤植である。
  2. ^ 内訳は、石川県費補助200万円、借入金400万円、地元負担金200万円と水道費400万円であった。

関連項目

今日は何の日(7月21日

もっと見る