石川県道164号津波倉寺井線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般県道石川県道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
石川県道164号標識
(旧)石川県道164号 津波倉寺井線
路線延長 11.819km
制定年 1960年(昭和35年)
廃止年 2009年(平成21年)
起点 石川県小松市津波倉町
津波倉交差点
終点 石川県能美市小長野町
小長野交差点
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0360.svg国道360号
Japanese National Route Sign 0008.svg国道8号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路

石川県道164号津波倉寺井線(いしかわけんどう164ごう つばくらてらいせん)は、石川県小松市津波倉町と能美市小長野町を結んでいた、かつての一般県道2009年平成21年)3月31日付で、廃止。概ね、国道8号小松バイパスの西側を並行するコースをとっていた。

以下、廃止時点の内容を記す。

概要[編集]

起点は、国道8号小松バイパス粟津ICより北西に約300m程の位置。木場潟の東岸、国道8号小松バイパスの西を並行して北から北東方向に進む。若杉町の新興住宅地内を通り、若杉南交差点で西に折れて300mほど進み打越町交差点に至る。打越交差点から北上し、打越北交差点で国道360号と交差してさらに北上、白江大橋で梯川を渡り、さらに北上し、一針町交差点で石川県道54号寺畠小松線と交わる。県道54号と重複して東に100mほど進み、小松・能美市境で国道8号小杉ICをくぐり、すぐ県道54号と分岐、能美市小杉町地内に入ってクランク状に折れる。その後北上し、終点に至る。

小松市内の集落を通過する部分は、道幅がやや狭くカーブも多い。

路線データ[編集]

歴史[編集]

路線状況[編集]

重複区間[編集]

  • 石川県道54号寺畠小松線(小松市一針町交差点 - 能美市小杉交差点)

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

関連項目[編集]