石川真禧照

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

石川 真禧照(いしかわ まきてる、本名:石川 暁(いしかわ あきら)、1947年9月 - )は、日本の自動車評論家。日本モータースポーツ記者会会員、日本自動車ジャーナリスト協会副会長。

人物[編集]

東京都出身。専修大学商学部卒業。

1970年日刊自動車新聞社に入社するも翌年退社し、以後フリーランスの自動車評論家として活動。

1982年有限会社「I.W.オフィース」を設立し、同社代表となる。

日本カーオブザイヤー選考委員(2004 - 2005、他)を務めた。

著作[編集]

その他[編集]

2006年、アメリカ合衆国の有力日刊紙において自説が紹介された。日本で開業したレクサスを紹介するロサンゼルス・タイムズの記事中で石川は、「(レクサスは)不人気なトヨタ車の名前を変えただけのもの」「購入者は40歳以上で、田舎の小企業の社長」「彼らとて本当はBMWベンツが欲しいのだが、トヨタとの取引があるために買えない」と解説、さらにレクサス・LS460を運転した感想として「トヨタはドライビングのなんたるかを学ぶべきだね」と批判している[1]

脚注[編集]

  1. ^ Despite its popularity in the U.S., the Toyota brand faces skeptical consumers at home, 『Los Angeles Times』 2006年11月15日