石川総脩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
石川 総脩
時代 江戸時代末期(幕末
生誕 嘉永5年(1852年
死没 慶応元年閏5月6日1865年6月28日
改名 保之助(幼名)→総脩
戒名 光英院殿智明日賢大居士
墓所 東京都北区田端の大久寺
幕府 江戸幕府
伊勢亀山藩
氏族 石川氏
父母 父:石川総紀、養父:石川総禄
兄弟 森川俊徳総脩成之
養子:成之

石川 総脩(いしかわ ふさのぶ / ふさなが)は、伊勢亀山藩の第10代藩主。伊勢亀山藩石川家15代。

嘉永5年(1852年)、第8代藩主・石川総紀の四男として生まれる。文久2年(1862年)に第9代藩主の総禄が死去したため、その養子として家督を継ぐ。

隠居していた父・総紀と協力して藩政を行い、の栽培、農業政策に尽力した。著書に『勧農鎖言』がある。元治元年(1864年)の禁門の変では山城八幡の守備を務めた。慶応元年(1865年)閏5月6日に死去した。享年14。

跡を弟で養子の成之が継いだ。