石川良一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
石川良一
いしかわ りょういち
生年月日 (1952-05-08) 1952年5月8日(67歳)
出生地 日本の旗 東京都稲城市
出身校 早稲田大学社会科学部[1]
前職 東京都稲城市長
現職 東京都議会議員
所属政党無所属→)
日本維新の会→)
維新の党→)
民進党→)
(無所属→)
都民ファーストの会
公式サイト 石川良一オフィシャルサイト

選挙区 南多摩選挙区
当選回数 2回
在任期間 2013年7月23日 - 現職

当選回数 5回
在任期間 1991年 - 2011年

当選回数 2回
在任期間 1983年 - 1991年
テンプレートを表示

石川 良一(いしかわ りょういち、1952年5月8日 - )は、日本政治家都民ファーストの会所属の東京都議会議員(2期)。東京都稲城市長(5期)、稲城市議会議員(2期)を務めた。

概要[編集]

東京都稲城市生まれ。稲城市立稲城第二小学校、稲城市立稲城中学校、東京都立武蔵高等学校早稲田大学社会科学部卒業。会社員を経て、1983年稲城市議会議員選挙に出馬し、初当選した。1987年、稲城市議会議員に再選。1991年稲城市長選挙に出馬し、当選した。以後、5期連続で稲城市長に当選。稲城市長在任中は全国市長会会長や東京都市長会会長、東京都市区長会会長、全国市長会介護保険対策特別委員長[2]等を務める。2011年4月、任期満了により稲城市長を退任した。

稲城市長退任後、日本維新の会に入党。2013年東京都議会議員選挙に日本維新の会公認で南多摩選挙区(定数2)から出馬し、得票数2位で当選した。同じく維新公認で当選した柳ヶ瀬裕文とともに会派「日本維新の会東京都議団」を結成、柳ヶ瀬が幹事長(会派代表者)、石川は政策調査会長についた[3]

2014年2月に会派「都議会結いと維新」を結成 2014.02新会派「都議会結いと維新」結成について]、9月に維新の党が結党したのに伴い10月には「都議会維新の党」に改称した。石川は総務会長に就いた[4]

2016年、民進党に参加。会派名を「民進党都議団」に変更した。 2017年、民進党を離党し無所属となる。2017年東京都議会議員選挙に南多摩選挙区(定数2)から出馬し、得票数2位で当選し、都民ファーストの会から追加公認を受けた。

著書[編集]

  • 共著
    • 市長の夢 19人の青年市長[5]日本ドリームプロジェクト(編)『市長の夢―19人の青年市長×きむ』いろは出版、2010年9月。ISBN 978-4902097344。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 石川良一プロフィール
  2. ^ 石川良一プロフィール
  3. ^ 都議会議席表 - 東京都議会 (PDF) 会派(政党)役員一覧(平成25年9月2日時点)
  4. ^ 東京都議会 会派(政党)役員名簿
  5. ^ 全国市長会 市長の夢 19人の青年市長 編集:日本ドリームプロジェクト 協力:全国青年市長会