石川資章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
石川 資章
いしかわ もとあき
生誕 (1967-04-07) 1967年4月7日(52歳)
日本の旗 日本兵庫県
職業 医師レーシングドライバー
配偶者 あり

石川 資章(いしかわ もとあき、1967年4月7日 - )は、兵庫県出身の医師レーシングドライバー

プロフィール[編集]

  • 身長: 166cm
  • 体重: 74kg
  • 血液型: Rh+A型
  • 最終学歴:神戸大学医学部卒業
  • 趣味:読書

モータースポーツ[編集]

F4/FD/耐久[編集]

当初はロータスカップなどへ参戦していた。2004年F4西日本シリーズ第3戦TIラウンドにて、37歳でフォーミュラレースデビュー。その後2005年は、F4にスポット参戦しながらフォーミュラ・ドリームのドライバー・オーディションに合格し(このシリーズを戦うためには事前に審査が行われ合格しなければならない)、フル参戦を果たしている。2006年もF4にスポット参戦する傍ら、全日本スポーツカー耐久選手権に挑戦した。

F3[編集]

2007年は、40歳で全日本F3選手権に参戦。「親父の挑戦」として開幕前に話題を集めた(チームも新規参戦のSHION FORMULA LTD.)。若手ドライバーが上級カテゴリーを目指して戦う全日本F3において、史上最高齢記録であった。シーズン開幕当初は周回遅れになることもあったが、第3戦以降はトップと同一周回でレースを終えることが多くなり、第16戦仙台ラウンドでは、8位に入賞し初ポイント(3ポイント)を獲得した。

以後ポイントを重ね、全20戦中19戦で完走を果たしシリーズ12位(10ポイント獲得)でシーズンを終えた。シーズン開幕前に目標をインタビューされた時に「若手ドライバーの2秒落ち以内で走りたい」と答えており、この目標は達成されたと言ってよく、完走率の高さと相まって健闘したと評価されている。2011年も全日本F3選手権Nクラスに参戦し、若手プロドライバーに伍して2ポイントを獲得した。

フェラーリ・チャレンジ[編集]

2011年以降はフェラーリ・チャレンジ・アジアパシフィック選手権に参戦し、初年度より入賞を果たし、2012年度の日本ラウンド(鈴鹿サーキット)やアブダビラウンド(ヤス・マリーナ・サーキット)での総合2位入賞を含む複数回の表彰台を獲得しているほか、多数の入賞を果たした。

GT選手権[編集]

その後はフェラーリのセミワークスチームであるAFコルセに所属し、2015年11月には元スクーデリア・フェラーリのF1ドライバーのジャンカルロ・フィジケラとミケーレ・ルゴロをチームメイトに、フェラーリ・458GT3をドライブしヴァレルンガ6時間レース参戦しクラス優勝、総合2位入賞を飾った。

2016年には同じメンバーでフェラーリ・488GT3をドライブし、ブランパンGTシリーズやFIA 世界耐久選手権に参戦した。ブランパンGTシリーズの開幕戦はPRO-AMクラスで2位、総合でも10位に入った。

2017年も、元ラルースF1ドライバーで、ル・マン24時間レースでの複数回の優勝経験もあるオリビエ・ベレッタらと、ブランパン耐久選手権とイタリアGT選手権にAFコルセから参戦した。

WEC[編集]

2018年より、日本国籍のチーム『MRレーシング』を率いてFIA 世界耐久選手権(WEC)にシーズン参戦する。2019年は引き続きフェラーリ・488GT3をオリビエ・ベレッタと、ベレッタと同じく元F1ドライバーのエディ・チーヴァーの息子の、エディ・チーヴァー3世とともにドライブする。

レース戦績[編集]

  • 2004年 - F4西日本選手権シリーズ<Rd.3,5,6に出場>(#16 スクーデリアコルセ956/WEST956)
  • 2005年
    • フォーミュラ・ドリーム(#7 スクーデリアコルセFD/FD-03 H22A)
    • F4西日本選手権シリーズ<スポット参戦Rd.1&4>(#16 スクーデリアコルセ056/WEST056)
    • 新春 鈴鹿ゴールデントロフィーレース・ネオヒストリックカークラス(#8 スクーデリアカドウェル/カドウェル)(決勝8位)
  • 2006年
    • F4日本一決定戦(#16 メビオ・甲有会スクーデリアコルセ006/WEST006)(決勝18位)
    • F4西日本選手権シリーズ<スポット参戦Rd.6>(#16 メビオ・スクーデリアコルセ006/WEST006)(決勝8位)
    • 全日本スポーツカー耐久選手権・SP2クラス<スポット参戦Rd.2&3>(#15 真神パワーADVANミストRS倶楽部/SK5.2)
  • 2007年 - 全日本F3選手権シリーズ(SHION FORMULA LTD. #16 Mainte・ShiOnFmu/ダラーラF306 3S-GE)(シリーズ12位)
  • 2011年
    • 全日本F3選手権シリーズNクラス<スポット参戦Rd.1〜9>(コルサ・スクーデリア F306/ダラーラF306 3S-GE)(シリーズ8位)
    • フェラーリ・チャレンジ・アジアパシフィック(#33 トロフェオ・ピレリ、最高位3位)
  • 2012年 - フェラーリ・チャレンジ・アジアパシフィック(#33 トロフェオ・ピレリ、最高位2位)
  • 2013年 - フェラーリ・チャレンジ・アジアパシフィック(#33 トロフェオ・ピレリ、最高位2位)
  • 2014年 - フェラーリ・チャレンジ・アジアパシフィック(#33 トロフェオ・ピレリ、スポット参戦)
  • 2015年 - ヴァレルンガ6時間レース(総合2位、クラス優勝)
  • 2016年 - ブランパンGTシリーズ(AFコルセ/フェラーリ・488GT3)
  • 2017年
    • ブランパンGTシリーズ(AFコルセ/フェラーリ・488GT3)
    • イタリアGT選手権(AFコルセ/フェラーリ・488GT3)
  • 2018年 - FIA 世界耐久選手権(MRレーシング/フェラーリ・488GTE)

全日本フォーミュラ3選手権[編集]

チーム エンジン クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 順位 ポイント
2007年 SHION FORMULA LTD. トヨタ FSW1
10
FSW2
11
SUZ1
11
SUZ2
12
TRM1
12
TRM2
11
OKA1
12
OKA2
12
SUZ1
11
SUZ2
11
AUT1
12
AUT2
Ret
AUT3
11
FSW1
12
FSW2
11
SEN1
8
SEN2
11
SEN3
9
TRM1
9
TRM2
9
12位 10
2011年 HANASHIMA RACING N SUZ1
11
SUZ2
12
FSW1
14
FSW2
14
FSW3
14
FSW1
13
FSW2
11
TRM1
12
TRM2
13
OKA1 OKA2 SUZ1 SUZ2 SUG1 SUG2 SUG3 8位 2

FIA 世界耐久選手権[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 ランク ポイント
2018-19年 MR Racing フェラーリ・488 GTE LMGTE Am SPA
5
LMS
5
SIL
7
FSW
Ret
SHA
6
SEB
5
SPA
8
LMS
5
9位 71

医師[編集]

本業は、医療法人社団及び社会福祉法人甲有会の運営(理事長)で、自らも医師であり、高齢者医療(内科系)を専門としている。

関連項目[編集]