石川賢 (1960年生の投手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
石川 賢
埼玉平成高等学校 監督
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山梨県東山梨郡牧丘町(現:山梨市
生年月日 (1960-05-21) 1960年5月21日(58歳)
身長
体重
181 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1982年 ドラフト1位
初出場 1983年7月12日
最終出場 1993年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 埼玉平成高等学校

石川 賢(いしかわ まさる、1960年5月21日 - )は、山梨県東山梨郡牧丘町(現:山梨市[1]出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

中学時代は野球部所属の傍ら、陸上部でも活躍し、走高跳で県大会優勝[1]日川高校では1年秋から主戦投手となる。1976年秋季関東大会に進出、1回戦で作新学院に敗れるが、好投手として注目される。1977年夏の甲子園県予選は準決勝で塩山商に敗れる。1978年夏の甲子園にエース、四番打者として出場[1]。2回戦(初戦)でPL学園西田真次と投げ合うが敗退。卒業後は日本大学に進学。東都大学リーグでは1981年秋季シーズンの入替戦で国士舘大を破り、翌年の一部昇格を果たす。

1982年のドラフト1位でロッテオリオンズに入団。一年目から一軍に定着し、翌1984年は15勝4敗で最高勝率のタイトルを獲得。しかし翌年から右肩や右肘の故障に泣き、成績は低迷の一途を辿る[1]

1987年11月、堀井恒雄小山昭晴との交換で大洋に移籍。移籍初年度となる1988年は中継ぎ要員として活躍したが、右肘の故障が再発し再び不振に陥る。1991年にはイースタンリーグで二冠に輝くも、同年11月に島田直也との交換で日本ハムに移籍[1]1993年には4年ぶりの白星を挙げたものの、それ以上の目立つ活躍は無く、同年オフに現役引退。

引退後は1998年に東京学参へ入社した[1]

選手情報欄では、打席は「右打」となっているが、「両打」で登録されていたシーズンもある。

現在は教員免許を取得し、埼玉平成高等学校にて教鞭を執っているが、2013年7月29日、日本学生野球協会により学生野球資格の回復が承認された。これにより埼玉平成高等学校野球部の指導者となることが可能となり[2]、同年8月より監督に就任している[3]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1983 ロッテ 18 10 2 0 0 2 6 0 -- .250 341 76.0 83 6 39 4 3 34 2 0 44 38 4.50 1.61
1984 27 26 10 1 1 15 4 0 -- .789 725 175.2 171 23 46 3 3 68 2 0 83 74 3.79 1.24
1985 17 13 1 0 0 2 7 0 -- .222 282 58.0 97 11 18 0 4 24 4 0 54 48 7.45 1.98
1986 6 3 0 0 0 0 2 0 -- .000 80 15.2 31 5 5 0 1 5 1 0 15 15 8.62 2.30
1987 9 5 0 0 0 1 4 0 -- .200 106 21.2 31 6 9 0 2 7 0 0 23 17 7.06 1.85
1988 大洋 44 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 276 65.2 69 2 19 3 4 28 0 0 24 20 2.74 1.34
1989 10 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 65 14.2 19 4 6 0 0 7 0 0 12 9 5.52 1.70
1990 8 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 36 9.1 8 0 1 0 0 6 0 0 3 3 2.89 0.96
1992 日本ハム 8 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 54 10.1 20 4 3 0 0 5 1 0 14 14 12.19 2.23
1993 15 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 93 19.0 24 5 16 0 0 6 1 0 13 11 5.21 2.11
通算:10年 162 57 13 1 1 22 25 0 -- .468 2058 466.0 553 66 162 10 17 190 11 0 285 249 4.81 1.53
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 18 (1983年 - 1987年)
  • 11 (1988年 - 1991年)
  • 30 (1992年 - 1993年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、41ページ
  2. ^ 新制度の適用初、元プロの2人が学生野球資格回復 サンケイスポーツ 2013年7月30日閲覧[リンク切れ]
  3. ^ 埼玉平成、元ロッテ石川監督も納得の1点差勝ち!!/埼玉 サンケイスポーツ 2016年5月22日閲覧

関連項目[編集]