石川錬次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石川 錬次(いしかわ れんじ、1893年1月22日 - 1945年7月8日)は、ドイツ文学者、 東京都出身。東京帝国大学独文科卒。第六高等学校教授、第八高等学校教授、旧制浦和高等学校教授、1929年府立高等学校教授。

著書[編集]

翻訳[編集]

  • プラークへの旅路のモーツアルト /メーリケ 岩波書店 1926 「旅の日のモーツァルト」文庫 
  • 維納の辻音楽師 附・ベエトホオフエンの思出 グリルパルツェル 岩波文庫 1934 
  • 大科学者の歩める道 ローベルト・コッホの生涯 ウンゲル 宮島幹之助共訳 富山房百科文庫、1937 
  • シュニッツラー短編全集 第1.伴侶 第2.死んだガブリエル 第3.グストゥル少尉 第4.わかれ 河出書房 1936-37 
  • ヘルマン・ヘッセ全集 第15巻 暁の巡礼 三笠書房 1942 
  • ハンス・カロッサ全集 第2巻 幼年時代ほか 第3巻 青春変転 第4巻 医師ギオン 三笠書房 1941
  • 独逸大学の精神 フリッツ・シュトリヒ 高山書院 1944
  • リーヒャルト・ヴァーグナー その生涯思想及び芸術 H.S.チェーンバレン 二見書房 1944 
  • 医師ギオン / ハンス・カロッサ 1952 (角川文庫)
  • 青春変転 カロッサ 1953 (創元文庫)
  • 幼年時代 ハンス・カロッサ 1953 (角川文庫)

参考[編集]

  • 日本人名大事典