石手川ダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石手川ダム
Ishitegawa-2264-r1.jpg
所在地 愛媛県松山市宿野町乙58-1
位置
河川 重信川水系石手川
ダム湖 白鷺湖
ダム諸元
ダム型式 重力式コンクリートダム
堤高 87 m
堤頂長 277.7 m
堤体積 423,000
流域面積 72.6 km²
湛水面積 50 ha
総貯水容量 12,800,000 m³
有効貯水容量 10,600,000 m³
利用目的 洪水調節灌漑上水道
事業主体 国土交通省
施工業者 清水建設
着工年/竣工年 1966年/1972年
出典 [1]
テンプレートを表示

石手川ダム(いしてがわダム)は、愛媛県松山市一級河川重信川水系石手川に位置するダムである。洪水調節上水道灌漑の供給を目的に、建設省四国地方建設局(現国土交通省四国地方整備局)により建設された。堤高は、松山市で最も高い建築物であるいよてつ髙島屋観覧車よりも2メートルほど高い。

道後・松山市の水瓶[編集]

松山市は、少と需要増大に起因する慢性的な水不足に悩まされている。石手川ダムでは、松山市の約半分(松山市中心部の大部分)の上水道水を賄っているが、例年の如く渇水による取水制限が実施されている。ダム完成後、取水制限が実施されずに済んだは、1980年1987年1988年1989年1991年1993年1999年2004年及び2006年の9か年に留まり、平均するとに約100間は取水制限が実施された計算になる。近年は市民の節水意識の高まりや節水型製品の普及により、渇水問題は緩和されつつある。

白鷺湖[編集]

白鷺湖の湖畔では、下記の6か所の公園が整備されており、にはサクラを、にはバーベキュー釣りを、には紅葉を、には渡り鳥観察を楽しめる。湖岸に沿って国道317号が走っており、公園には一般客向けの駐車場伊予鉄バスのバス停が併設されている。ダムの南西約2kmの場所には奥道後温泉が位置する。

  • みはらし公園(旧展望所・1号地公園)
  • くつろぎ公園(旧2号地公園)
  • せせらぎ公園(旧4号地公園)
  • こもれび公園(旧6号地公園)
  • 3号地公園
  • 5号地公園

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ダム便覧」による(2013年11月23日閲覧)。

参考文献[編集]

関連項目[編集]