石本喜久治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
石本喜久治
生誕 1894年(明治27年)2月15日
日本の旗 日本 兵庫県神戸市
死没 (1963-11-27) 1963年11月27日(69歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学
職業 建築家
受賞 藍綬褒章(1958年)
所属 石本建築事務所
建築物 山口銀行東京支店
東京朝日新聞社
白木屋本店

石本 喜久治(いしもと きくじ、1894年2月15日 - 1963年11月27日)は日本の建築家。

同期卒業の堀口捨己山田守らと分離派建築会を結成し、日本の近代建築運動の第一歩を記した。数寄屋橋の旧朝日新聞社でデピュー後に設立した設計事務所において、支所の開設や法人化など、時代を先取りした事務所経営を行なった。

神戸市生まれ。1920年、東京帝国大学工学部建築学科卒業。 卒業後、大阪の竹中工務店に入店。1922年から自費で欧米を視察し、特にドイツの近代建築運動にふれた。1927年、白木屋の設計を機に竹中工務店を退社。片岡安と共に大阪に片岡石本建築事務所を開設。その後、1931年、石本建築事務所を設立した。

1935(昭和10)年、中国・新京に石本川合建築事務所開設。1937年、北京・上海にも事務所開設。1945(昭和20)、新日本住宅(株)設立(1949解散)。 1951(昭和26)年、(株)石本建築事務所に改組。 1954(昭和29)年、大阪石本建築事務所、北海道石本建築事務所開設 1957(昭和32)年、石本建築事務所代表取締役会長(大阪・北海道事務所吸収)。

作品[編集]

日本橋白木屋本店(第1期1928、第2期1931)はモダニズム建築の代表作として建築史上知られるが、一般にビル火災(1932年)の舞台として有名である。

ほかに竹中工務店時代の東京朝日新聞社(1927)のほか、銀座パレス1931)、 日本タイプライター社社屋(1936年)日生病院(1937)、日本居留民団中学校・高等学校(1940-44)中華航空社屋・社宅(1940-44)広島市民球場(1957)などがある。

石本建築事務所[編集]

石本建築事務所は1951年、株式会社化。1963年の石本の死去後も続いており、2005年には石井誠が社長に就任した。

その他[編集]

  • 石本建築事務所には詩人・立原道造が在籍し、石本邸などの設計に関わった。
  • 朝日新聞社、白木屋の設計には山口文象が協力した。

参考文献[編集]

  • ISHIMOTOのあゆみ 石本建築事務所
  • 16人の建築家 石本 喜久治 竹中工務店
  • 「石本喜久治特集号」『新建築』1929.1
  • 蔵田周忠「建築家の作品と伝記石本喜久治」『建築界』1965.2
  • 「石本建築事務所作品集」『建設画報』64 1966. 9(特集)
  • 『50年の軌跡石本建築事務所』石本建築事務所1977
  • 福田欣二『石本建築事務所50年のあゆみ』石本建築事務所、1977
  • 臼川直行「近代日本、建築家の足跡石本喜久治」『建築文化』1990.10月号
  • 古畠誠一他「芸術的建築を目指した石本喜久治」『日本の創造力』13 日本放送出版協会、1993