石橋凌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
いしばし りょう
石橋 凌
本名 石橋 秀樹
いしばし ひでき
生年月日 (1956-07-20) 1956年7月20日(64歳)
出生地 日本の旗 日本福岡県久留米市
血液型 AB
職業 俳優映画テレビドラマ)、ミュージシャン
活動期間 1978年 -
活動内容 1978年ARBボーカリストとしてレコードデビュー( - 1990年、1998年 - 2006年)
1985年 - 俳優活動開始
配偶者 原田美枝子
著名な家族 優河(長女)
石橋静河(次女)
事務所 ENTER the DEE
公式サイト 石橋凌 オフィシャルサイト
主な作品

 映画
ア・ホーマンス
キッズ・リターン
オーディション
BROTHER
自殺サークル
呪怨
MW
 ドラマ
武田信玄
あしたがあるから
教師夏休み物語
お金がない!
眠れる森
蘇える金狼
ビギナー
ハルとナツ 届かなかった手紙
相棒
龍馬伝
スモーキング
テンプレートを表示

石橋 凌(いしばし りょう、1956年7月20日 - )は、日本俳優ミュージシャン

本名は石橋 秀樹(いしばし ひでき)。血液型はAB型。ENTER the DEE所属で、かつてはアパッチに所属していた。

アメリカの映画俳優組合 (SAG) の会員で、アメリカではゴールデン・メディア・グループが代理人となっている。

福岡県久留米市出身。

妻は女優原田美枝子、長女は歌手の優河、次女は石橋静河[1]

略歴[編集]

本項は人物、俳優活動、ソロ活動のみ記す。

5人兄弟の五男で、兄に影響されて中学の頃からジョン・レノンビートルズローリング・ストーンズボブ・ディランを愛聴していた。中学1年生で父が他界し、高校2年生で音楽家志望を決意した。父の死について、ソロシングル「カクテル・トゥナイト」に収録された「12の頃」で歌われている。

福岡県立久留米高等学校を卒業後、1977年、ボーカルを探していたバンド・ARBに、甲斐よしひろの紹介で加入した。

デビュー時に所属したシンコーミュージックはアイドルグループとして売り出そうとし、ピンク・レディー前座を務めたこともある。1978年10月にシングル野良犬」でデビューするも、方向性の違いから1年足らずでシンコーミュージックから独立した。

独立したものの、レコードの売れ行きやコンサートの動員に悩んでいた20代半ばに、ドラマーの相原誠とともに赴いたスポーツクラブで、金子正次松田優作に出会う。松田に自身の悩みを相談するなど交流したのち、松田が監督する映画『ア・ホーマンス』に誘われて出演する。それまで演劇経験がほとんどなかった石橋は、松田から厳しい指導を受け、キネマ旬報新人男優賞を受賞し、本格的に映画俳優を志す。大河ドラマ武田信玄』、映画『ボクの女に手を出すな』『Aサインデイズ』などに出演した。

尊敬していた松田優作が病死したことを受け、1990年にARBを解散して音楽活動を封印し、俳優業に専念した。『クロッシング・ガード』(1995年)の演技がアメリカで認められた後、1997年に再結成して第4期ARBとして1998年2月にシングル「TOKYO OUTSIDER」で復活。音楽活動と俳優業と両立していたが、2006年3月1日に石橋が脱退を表明。ARBは活動を再度休止した。

石橋自身「追う役より追われる役の方が多かった」と話すほど、かつてはヤクザ役が多かったが、現在は刑事判事など多彩な役柄を演ずる俳優として知られる。1995年よりアメリカ映画俳優組合 (SAG) の会員となる。

2006年6月1日に鈍牛倶楽部からスティングカンパニーへ移籍し、2008年4月にエイベックスへ移籍する。

エピソード[編集]

  • 高校卒業からARBに加入するまでは、アルバイトを転々としていた。最後はイタリアンレストランで、ピザは生地から作れるほどの腕前である。
  • が苦手である。
  • 再結成後、石橋がミュージシャンであることを知らなかったスタッフには、ARBが俳優のバンド活動だと勘違いされたこともある。
  • ARBのライブではスタンドに設置したシンバルを高々と蹴り上げる。
  • 2002年、46歳でシングル「カクテル・トゥナイト」でソロデビューした。ARBとは違い、バラード中心の曲目である。
  • 1988年のNHK大河ドラマ『武田信玄』では、主人公の信玄(演 - 中井貴一)と対立する織田信長を演じたが、その32年後である2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』では、石橋が信玄を演じている。信玄役が決まった際、石橋は「なんの因果でしょうか!?」とコメントしている[2]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 死神の使者(1991年)
  • ヤクザVSマフィア(1993年・日米合作) - 澤本修爾 役
  • 刺青 IREZUMI(1994年・アメリカ) - 樋口元治 役
  • LEVEL(1994年) - 堂本英世 役
  • LAマフィア戦争 大殺戮(1996年・日米合作)

ウェブドラマ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • 世界初 タクラマカン砂漠 幻の大河漂流(2000年、テレビ東京)
  • 日曜美術館「魂こがして 青木繁~海を越えた“海の幸”と石橋凌の対話~」(2017年7月23日、NHK) 

CM[編集]

音楽[編集]

シングル[編集]

  • カクテル・トゥナイト(2002年)
  1. カクテル・トゥナイト
  2. 乾いた花(ARB/Self Cover)
  3. 12の頃
  • 忘れてはイケナイ物語り (2002年)
  1. 最後のことば
  2. HEY!WAR(ARB)
  3. ボート・ピープル(LIVE/ARB Self Cover)
  4. IMAGINE(ジョン・レノン/Cover) 

ソロアルバム[編集]

  • 表現者 (2011年)
  1. 喝!(ARB)
  2. 乾いた花(ARB)
  3. 我がプレッジ
  4. 最果て
  5. TOKYO SHUFFLE
  6. 待合室にて
  7. 淋しい街から (ARB)
  8. 形見のフォト
  9. Dear my soulmate
  10. 縁のブルース
  11. AFTER '45(ARB)
  12. 魂こがして(ARB)
  13. AFTER '45 (ARB)(with 福山雅治)*ボーナスシングルに収録
  14. 最果て(Piano version)*自伝本に収録

書籍[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “石橋静河 映画初主演 石橋凌と原田美枝子の次女「怖いけど楽しみ」”. スポニチアネックス. (2016年8月2日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/08/02/kiji/K20160802013081620.html 2016年8月2日閲覧。 
  2. ^ "新たな出演者". 麒麟がくる. 日本放送協会. 16 October 2020. 2020年11月15日閲覧
  3. ^ “「株価暴落」試写会で織田裕二の握手を瀬戸康史がスルー!?”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2014年10月8日). https://thetv.jp/news/detail/51142/ 2020年1月19日閲覧。 
  4. ^ “木村拓哉×長澤まさみ「マスカレード・ホテル」追加キャスト20名登場の予告公開”. 映画ナタリー. (2018年10月18日). https://natalie.mu/eiga/news/304104 2018年10月18日閲覧。 
  5. ^ 三井不動産リアルティCM「三井のリハウス〜妻と僕〜篇」に出演!”. 石橋凌 Ryo ISHIBASHI オフィシャルサイト (2019年8月30日). 2019年9月16日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]