石橋喜祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

石橋 喜祐(いしばし きゆう、1857年4月27日安政4年4月4日[1] - 没年不明)は日本篤農家[2]銀行家。早良銀行取締役[1]。族籍は福岡県平民[1]

人物[編集]

福岡県平民・石橋太七の二男[1]1874年5月、分家して一家を創立した[1]。早良銀行取締役として知られた[1]

家族・親族[編集]

石橋家

福岡県早良郡姪浜町[1](現福岡市西区姪浜

  • 妻・モト(福岡、石橋傳四郞の長女)[1]
1865年 -
  • 男・太十郞[1]
1887年 -
  • 男・豐治郞[1]
1889年 -
  • 三男・宗祐[1]
1899年 -
  • 五男・恭祐[1]
1907年 -
  • 女・シマ[1]
1897年 -

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『人事興信録 第4版』い138頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年6月20日閲覧。
  2. ^ 『大日本篤農家名鑑』75頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年6月20日閲覧。

参考文献[編集]

  • 大日本篤農家名鑑編纂所編『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。