石橋幸緒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

石橋 幸緒(いしばし さちお、1980年11月25日[1] - )は、元女流棋士[注釈 1]。女流棋士時代はLPSA(日本女子プロ将棋協会)に所属し、LPSA番号は10、LPSA代表理事を務めた(2010年 - 14年)。東京都小金井市出身[1]

女流棋士時代は清水市代女流六段門下であった[2]。将棋界において、女流棋士が棋士・女流棋士の師匠であるのは、清水(師匠)・石橋(弟子)が唯一の事例である(2018年現在)。

人物

幼少期は病弱で、高校まで特別支援学校に通っていた。9歳のときにたまたま道で見かけた看板が契機になり、師匠である清水市代の父親が当時経営していた将棋教室に通い始めたのが将棋を始めたきっかけ[3]

若手の強豪女流棋士として活躍していた時期には、千葉涼子矢内理絵子と共に、「花の80年生まれ・若手3羽ガラス」と呼ばれた。

「石橋開雲」の名前で書家としても活動しており、自筆の書体を用いた将棋駒もある[4]。旧知の仲である渡辺明竜王のタイトルを初めて獲得し、免状等への署名・揮毫を行うことになった際には、石橋が書道の指導を行った[5]。また一時は麻雀プロとして麻将連合-μ-に所属していた時期もあった[6]

2012年7月に、LPSAが独自の基準により渡部愛女流棋士3級と認定したことに端を発する、日本将棋連盟・女流棋戦主催社とLPSAとの対立においては、石橋は2013年1月に第6期マイナビ女子オープン準決勝における里見香奈との対局を放棄するなど[7]、LPSA代表理事として終始強硬な態度であった。

2014年1月31日付で現役を引退[8]。同年2月25日付で[8]、LPSA代表理事の任期が満了するのと同時にLPSAを退会し[8]将棋界から去った。

棋歴

  • 1999年6月29日 - 第21期女流王将戦五番勝負で清水市代に挑戦し、女流王将を獲得(初タイトル)。
  • 1999年11月2日 - 第13回レディースオープントーナメント優勝
  • 2002年10月5日 - 第7回鹿島杯女流将棋トーナメント優勝
  • 2002年11月6日 - 第16回レディースオープントーナメント優勝
  • 2005年11月12日 - 第10回鹿島杯女流棋士トーナメント優勝
  • 2005年12月8日 - 第19回レディースオープントーナメント優勝
  • 2007年5月 - 新団体のLPSA(日本女子プロ将棋協会)へ移籍。
  • 2007年11月5日 - 第18期女流王位戦五番勝負で清水市代に挑戦し、女流王位を獲得。
  • 2008年11月12日 - 第19期女流王位戦五番勝負で清水市代の挑戦を退け、女流王位を防衛。
  • 2014年1月31日 - 現役引退。
  • 2014年2月25日 - LPSA退会。

昇段・昇級履歴

昇段・昇級規定は、将棋の段級を参照。

  • 1993年4月 - 女流育成会入会
  • 1993年10月 - 女流2級
  • 1995年4月 - 女流1級(女流名人位戦B級入り・女流王位戦リーグ入り)
  • 1996年4月 - 女流初段(女流王位戦リーグ残留)
  • 1996年9月 - 女流二段(タイトル挑戦 = 第7期女流王位戦)
  • 1999年6月29日 - 女流三段(タイトル1期 = 第21期女流王将戦)
  • 2004年10月8日 - 女流四段(勝数規定)

タイトル

タイトル
  • 女流王将 獲得:第21期、挑戦:第25期、26期
    • 第21期女流王将戦の五番勝負(1999年)で清水市代から3-2でタイトルを奪取。これが自身初のタイトル獲得となったが、翌年、その清水の挑戦を受け、1-3で敗れて防衛はならず。
  • 女流王位 獲得:第18期、19期、挑戦:第7期、13期、17期
    • 第7期女流王位戦(1996年)で師匠である清水市代女流王位に挑戦(結果は1-3で石橋の敗退)[注釈 2]
    • 第18期女流王位戦(2007年)で、9連覇中の清水から3-2でタイトル奪取。同じ顔合わせとなった翌年の第19期では清水の挑戦を3-2で退け、自身初のタイトル防衛を果たす。
  • 倉敷藤花 挑戦:第11期
LPSA公認タイトル
  • 天河 獲得:第2期(2009年度)
棋戦優勝
  • レディースオープントーナメント 1999年、2002年、2005年 優勝
  • 鹿島杯女流将棋トーナメント 第7回、第10回 優勝
  • 日レスインビテーションカップ 第3回 優勝
  • 1dayトーナメント 第3回(2007年)、第9回・第15回(2008年)、第22回・第25回(2009年)、第36回・第39回(2010年) 優勝

著書

  • 『生きてこそ光り輝く』(2000年10月、PHP研究所)ISBN 978-4569612911
2001年度、第13回将棋ペンクラブ大賞、著作部門 部門賞受賞
  • 『勝者の常識 将棋力』(2006年7月、リイド社)ISBN 978-4845832088
  • 『女流棋士石橋幸緒物語 サッちゃんの駒』(2008年4月、小学館)ISBN 978-4093877848
『小学六年生』 2001年4月号から10月号掲載の漫画『さっちゃんの駒』 (北崎拓)を収録。
  • 『出だし4手で知る石橋幸緒の将棋レシピ―知ると、もっと楽しい将棋・序盤の指し方』(2011年5月、長崎出版)ISBN 978-4860954581

テレビ出演

脚注

注釈

  1. ^ 将棋の棋士と女流棋士はスポーツ選手などと異なり、引退しても棋士・女流棋士であることに変わりはない。元女流棋士とは、引退して所属団体を退会し、女流棋士の身分を放棄した者のことを指す。
  2. ^ 棋士のタイトル戦における師弟対決」は、1969年度の第28期名人戦での大山康晴有吉道夫が最初であった。2018年現在「大山康晴 対 有吉道夫」以外の組み合わせでの「棋士のタイトル戦における師弟対決」は実現していない。

出典

  1. ^ a b LPSA公式サイト 石橋幸緒 プロフィール”. 日本女子プロ将棋協会. 2008年12月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年7月6日閲覧。
  2. ^ 第19期女流王位戦 両者プロフィール”. 西日本新聞. 2018年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月6日閲覧。
  3. ^ 生きてこそ光り輝く―19歳、養護学校から女流王将へ - Amazon.co.jp
  4. ^ 棋士の愛用駒 3 - 大阪商業大学商業史博物館
  5. ^ 将棋の渡辺くん』(伊奈めぐみ著・講談社)第1巻 p.136
  6. ^ 女流将棋棋士と女流麻雀プロの交流対局 - 麻雀ウオッチ・2012年4月21日
  7. ^ “日本女子プロ将棋協会(LPSA)による マイナビ女子オープン対局放棄についての記者会見の模様” (日本語). (2013年1月30日). オリジナル2018年7月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180706155315/https://www.shogi.or.jp/news/2013/01/post_685.html 2018年7月6日閲覧。 
  8. ^ a b c 石橋幸緒四段 現役引退とLPSA退会のお知らせ”. 日本女子プロ将棋協会 (2014年1月28日). 2014年1月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年7月6日閲覧。

関連項目