石橋産業事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

石橋産業事件(いしばしさんぎょうじけん)とは、石油卸会社「石橋産業」をめぐる事件。

概要[編集]

石油卸会社「石橋産業」を巡って、手形詐欺事件と汚職事件が発覚した。

容疑[編集]

手形詐欺事件[編集]

許永中建設会社新井組担保に、京都ノンバンクから受けていた融資の支払いなどを逃れ、新井組株を入手して許の資金繰りにあてるなどの目的で、東京の石油商社の石橋産業の社長を欺いて約束手形を交付させようと計画した。

1996年の4月と6月に額面計179億円余の約束手形を交付。その際、手形の決済資金は自分が用意するなどと偽った。この手形をノンバンクに差し入れた。

この事件で許に対し懲役6年、元検察官弁護士田中森一に対し懲役3年の判決が確定し、刑務所に収監された。

若築建設事件[編集]

旧建設省発注の工事などをめぐり石橋産業の子会社(当時)である若築建設から政界に賄賂が流れた事件。

中尾栄一第1次橋本内閣で建設大臣在任中、6000万円の賄賂を受け取った受託収賄罪容疑で2000年、東京地検特捜部に逮捕、起訴された。2004年9月、中尾に対して懲役1年10ヶ月追徴金6000万円の実刑判決が確定したが、病気のため刑の執行を受けることのないまま、2018年11月18日に中尾は病没。

なおこの事件ではフィクサーと呼ばれた福本邦雄も逮捕されている(後に不起訴)。

この事件を教訓に、公職にある者等のあっせん行為による利得等の処罰に関する法律(通称「あっせん利得処罰法」)が制定された。

参考文献[編集]

  • 田中森一『反転 闇社会の守護神と呼ばれて』(幻冬舎、 2007年6月、ISBN 9784344013438)

関連項目[編集]