石母田定頼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
 
石母田 定頼
時代 江戸時代前期
生誕 元和5年(1619年
死没 慶安3年5月20日1650年6月18日
改名 綱頼→定頼
別名 菊助、長門、大膳亮
戒名 徳興院竜泉活公居士
墓所 黄金寺(宮城県栗原市
主君 伊達政宗忠宗
仙台藩
氏族 石母田氏
父母 父:石母田宗頼、母:石母田景頼の二女
兄弟 定頼、女子(遠藤康信室→宮内定清室)、女子(伊達国隆室)
正室:沼辺重仲の娘
永頼、頼為、頼章、女子(遠藤俊信室)

石母田 定頼(いしもだ さだより)は、江戸時代武士仙台藩重臣。

生涯[編集]

元和5年(1619年)、仙台藩重臣・石母田宗頼の嫡男として胆沢郡水沢城にて生まれる。幼名は菊助

寛永6年(1629年)、奥山常良を烏帽子親として元服し、綱頼と名乗るが、正保元年(1644年)に片倉重長・富塚重信らと共に徳川家綱の諱を避けて定頼に改名する。

正保3年(1646年)10月、江戸詰めとなり、奉行職代行を命ぜられる。翌正保4年(1647年)5月、父・宗頼の死去にともない家督を相続して栗原郡岩ヶ崎城6,500石を継ぎ、同年12月には、将軍家への御礼のため、使者として江戸城に登城して徳川家光に拝謁し、呉服一重を拝領する。

慶安元年(1648年)10月には再び江戸詰奉行の代行を勤めたが、ほどなくして帰国し、忠宗の近習として仕えていたが、慶安3年(1650年)5月20日、仙台屋敷にて病没。享年32。嫡男・永頼が家督を相続した。

系譜[編集]

  • 正室:自照院(沼辺重仲の娘)
    • 石母田永頼 - 長男
    • 石母田頼為 - 二男。別家を興すが一代で断絶
    • 石母田頼章 - 三男。一族・桜目石母田氏初代当主
    • 白 - 長女。早世
    • 照光院 - 二女。遠藤俊信室

参考文献[編集]

  • 編:大塚徳郎『仙台藩重臣石母田家文書』史料編(刀水書房、1981年)