石浜金作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

石濱 金作(いしはま きんさく、1899年2月28日 - 1968年11月21日)は、日本の小説家

東京市京橋木挽町出身。父は時事新報記者の石浜鉄郎、兄は経済学者の石浜知行。子供時代は大阪で育ち、第一高等学校を経て1924年東京帝国大学英文科卒。

1921年川端康成らと第6次『新思潮』を創刊。その後、『文藝春秋』の編集同人となる。1924年に『文藝時代』の創刊に携わり、新感覚派の新人作家として活躍する。

著訳書[編集]

代表作[編集]

  • 変化する陳述 
    • 君らの魂を悪魔に売りつけよ 新青年傑作選 中島河太郎編 2000.11 角川文庫
    • 江戸川乱歩と13人の新青年 〈論理派〉編 ミステリー文学資料館編 2008.1 光文社文庫