石淵国博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石淵 国博
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮崎県
生年月日 (1955-08-30) 1955年8月30日(62歳)
身長
体重
173 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1973年 ドラフト7位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

石淵 国博(いしぶち くにひろ、1955年8月30日 - )は、宮崎県出身の元プロ野球選手。ポジションは捕手

来歴・人物[編集]

宮崎実業高等学校では、1972年秋季九州大会で決勝に進出。小倉南高を降し優勝するが、学内不祥事により1973年春の選抜出場を辞退。同年5月の沖縄特別国体(若夏国体)に出場。準決勝で星稜高の谷内野隆(のち北陸銀行)から延長11回サヨナラ本塁打を放つ。しかし決勝では岩国高に敗れ、準優勝にとどまった。高校通算打率3割3分、本塁打3本。その中には江川卓から放った本塁打が含まれている。

1973年のドラフト会議で広島東洋カープに7位指名され入団。

一軍公式戦出場はなく、1976年に引退。

2018年1月3日に放送された『消えた天才〜一流アスリートが勝てなかった人大追跡SP〜』(TBS系)にて、その後の人生が取り上げられた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場無し

背番号[編集]

  • 43 (1974年 - 1975年)
  • 56 (1976年)

関連項目[編集]