石清尾八幡宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石清尾八幡宮
拝殿
所在地 香川県高松市宮脇町一丁目30番3号
位置 北緯34度20分14.5秒
東経134度2分4秒
座標: 北緯34度20分14.5秒 東経134度2分4秒
主祭神 足仲彦命、誉田別命、息長帯姫命
社格 県社
創建 918年(延喜18年)
例祭 例大祭(10月第3土曜日・日曜日)
地図
石清尾八幡宮の位置(高松市中心部内)
石清尾八幡宮
石清尾八幡宮
石清尾八幡宮の位置(高松市内)
石清尾八幡宮
石清尾八幡宮
石清尾八幡宮の位置(香川県内)
石清尾八幡宮
石清尾八幡宮
テンプレートを表示
八幡通り起点より参道を見る

石清尾八幡宮(いわせおはちまんぐう)は香川県高松市宮脇町一丁目にある神社。高松[注 1]氏神である。境内には香川県神社庁が所在している。

概要[編集]

祭神は足仲彦命(仲哀天皇)、誉田別命(応神天皇)、息長帯姫命(神功皇后[1]。高松市中心市街地の南西部、石清尾山の東側の裾野に鎮座している。高松の氏神だけあり、初詣などには多くの参拝客が訪れるほか、市立祭や例大祭では参道から御旅所まで続く八幡通り約670mを歩行者天国にして露店が立ち並ぶなど、高松市内の神社祭事でも最大規模の祭りとなる。

歴史[編集]

伝説による由緒は918年(延喜18年)、八幡大神讃岐国香川郡野原庄(現・高松市)の赤塔山(現・石清尾山)に現れて、これを祭ったものと伝えられている。もう一つの由緒は、当時の国司が京都の石清水八幡宮の分霊を亀尾山上に祭ったというものである。社名も石清水と亀尾の名を併せて石清尾八幡宮と称したとされる。

南北朝時代室町幕府管領細川頼之は石清尾八幡宮を信仰し、社殿の改築や武具の奉納などを行った。また、頼之の官職「右馬頭」の名にちなんだ、「右馬頭市」も開かれるようになる。この右馬頭市は現在も続く祭事の一つ、市立祭の起源である。

1588年、豊臣政権下で讃岐国一国の領主となった生駒親正は野原の地を本拠と定め、この地を高松と改称し、高松城(玉藻城)を築城するとともに、石清尾八幡宮を府城の鎮護として社領24石を寄進した。

生駒騒動で生駒氏が讃岐を去った後、水戸徳川家から高松藩主になった松平頼重1666年に石清尾山上にあった石清尾八幡宮の社地を現在の場所に移転させ、当社を高松城下町の大社・氏神と定めた。また社領202石を寄進し、以降の歴代藩主も毎年、当社を参拝している。

1872年、県社に列格。

1986年、火災により本殿と上拝殿が焼失したが1989年にそれぞれ改築され、下拝殿なども同時に修復された。

2007年、前年より行われていた境内の改修工事が竣工。拝殿前の石段の傾斜緩和や参道の石畳の張り替え等が行われた[2]

境内[編集]

  • 本殿
  • 上拝殿
  • 下拝殿
  • 神明社 - 境内末社
  • 若宮社 - 境内末社
  • 高良社 - 境内末社
  • 御先社 - 境内末社
  • 廣瀬龍田社 - 境内末社
  • 北口霊社 - 境内末社
  • 絵馬堂
  • 神輿舎
  • 恩頼堂
  • 社務所
  • 手水舎
  • 隋神門 - 正門

境外[編集]

道祖神社(高松市亀岡町)
  • 道祖神社 - 亀岡町の御旅所と英明高校西門付近に鎮座。高松空襲により焼失したが1996年に再建された。
  • 蜂穴神社 - 石清尾山の北側に鎮座
  • 髪授神祠 - 石清尾山の北側に鎮座
  • 御旅所 - 亀岡町の八幡通り沿いにある。
  • 八幡通り - 八幡宮の参詣道として整備された道。旧金毘羅街道途中の田町より分かれて西に八幡宮まで真っ直ぐ延びている[注 2]。市立祭(5月2日・3日)と例大祭(10月第3土曜日・日曜日)の時はこの通りに露店が立ち並び、歩行者天国となって多くの市民で賑わう。

祭事・神事[編集]

  • 歳旦祭 - 1月1日
  • 元始祭 - 1月3日
  • 庭燎祭おみかん焼き - 1月第3日曜
  • 建国祭 - 2月11日
  • 祈年祭 - 2月17日
  • 道祖神社例祭 - 5月2日
  • 市立祭 - 5月2日・3日
  • 大祓式 - 6月30日
  • 蜂穴神社例祭 - 9月4日
  • 例大祭 - 10月第3土日
  • 末社大祭 - 1月から11月にかけて各社で行う
  • 七五三詣 - 11月中
  • 新嘗祭 - 11月23日
  • 大祓式 - 12月31日
  • 除夜祭 - 12月31日
  • 月次祭 - 毎月1日・15日

交通アクセス[編集]

注釈[編集]

  1. ^ この意味で用いられる「高松」は旧高松城下、すなわち現在の高松市中心部を指す狭義的な意味であり、現在の高松市全体を指すものでは無い。
  2. ^ 現在八幡通りの愛称がついているのは国道11号との交点から西側。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、石清尾八幡宮に関するカテゴリがあります。