石狩湾新港発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Crystal energy.svg 石狩湾新港発電所
種類 火力発電
電気事業者 北海道電力
所在地 日本の旗 日本
北海道小樽市銭函5丁目
北緯43度11分40秒 東経141度16分27秒 / 北緯43.19444度 東経141.27417度 / 43.19444; 141.27417座標: 北緯43度11分40秒 東経141度16分27秒 / 北緯43.19444度 東経141.27417度 / 43.19444; 141.27417
1号機
発電方式 ガスタービンエンジン及び汽力(コンバインドサイクル発電
出力 569,400 kW
燃料 液化天然ガス(LNG)
冷却水 海水
約 13 m³ / 秒
熱効率 約62%(低位発熱量基準)[1]
着工日 2015年
営業運転開始日 2019年2月27日[2]
テンプレートを表示

石狩湾新港発電所(いしかりわんしんこうはつでんしょ)は、北海道小樽市にある液化天然ガス火力発電所

概要[編集]

北海道電力が既設の火力発電所の経年化や燃料種の多様化、電力を分散化して安定供給を図るため、石狩湾新港の西地区に同社初の液化天然ガス(LNG)による発電所を建設した[3]。燃料の液化天然ガス(LNG)は、石狩湾新港の中央地区(所在地は石狩市)において北海道ガスが運営している「石狩LNG基地」からガス導管を通じて供給している。

2019年平成31年)に1号機の営業運転を開始したが、3号機までの建設計画があり、3基すべてが運転を開始すると総出力が約170万キロワットとなり、北海道内最大級の発電所となる予定である[4]

設備[編集]

1号機

2号機

3号機

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “北海道電力株式会社 石狩湾新港発電所1号機が営業運転を開始” (プレスリリース), 東芝エネルギーシステムズ, (2019年2月27日), https://www.toshiba-energy.com/info/info2019_0227.htm 2019年3月25日閲覧。 
  2. ^ “石狩湾新港発電所1号機の営業運転開始について” (プレスリリース), 北海道電力, (2019年2月27日), http://www.hepco.co.jp/info/2018/1237072_1753.html 2019年3月25日閲覧。 
  3. ^ LNG(液化天然ガス)火力発電所〜石狩湾新港発電所〜”. 北海道電力. 2019年3月25日閲覧。
  4. ^ 高効率火力の運転開始へ所員一丸〜北海道電力 石狩湾新港発電所〜 (PDF) 」 『Enelog Vol.34』、電気事業連合会、2019年1月、 7頁、2019年3月25日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g 石狩湾新港発電所の概要”. 北海道電力. 2019年3月25日閲覧。

関連項目[編集]