石田亜佑美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
石田 亜佑美
161006 AMN 빅 콘서트 - 마키노 마리아 모닝구무스메 메들리 직캠 (Ayumi Ishida) by DaftTaengk 48s (3).jpg
基本情報
愛称 だーいし[1]
あゆみん[1]
だーちゃん[1]
ウィーラー[2]
出生日 (1997-01-07) 1997年1月7日(24歳)[1]
血液型 O型[1]
出生・出身地 日本の旗 日本 宮城県仙台市[3][4]
ジャンル J-POP
職業 歌手
活動期間 2009年 -
レーベル zetima
2012年 - )
事務所 ステップワン
(2009年 - 2011年
アップフロントプロモーション
(2011年 - )
グループ/
ユニット等
モーニング娘。
公式サイト モーニング娘。'21
石田亜佑美プロフィール
テンプレートを表示

石田 亜佑美(いしだ あゆみ、1997年1月7日 - )は、日本歌手アイドルであり、モーニング娘。の10期メンバーである[5]。モーニング娘。初の東北地方出身者[3]。モーニング娘。のサブリーダー。愛称はだーいしあゆみんだーちゃん[1]ウィーラー[2]。イメージカラーはロイヤルブルー[6]

宮城県仙台市出身[3][4]。血液型O型[1]。身長153cm[7]アップフロントプロモーション所属。

2018年東北楽天ゴールデンイーグルスイーグルスガールイメージキャラクター(応援大使)。

略歴[編集]

ステップワン所属前[編集]

ステップワン所属期[編集]

  • 宮城県仙台市の子供中心のモデル・タレント事務所ステップワンに所属し、ダンスレッスンを受け、ライブハウスや商業施設のステージでパフォーマンスを披露していた。
  • 2010年3月8日に同事務所所属の小中学生を中心としたグループで「仙台産エンタメガールズユニット」をキャッチフレーズにしていたB♭(ビィフラット)[注 1]にサポートメンバーとして加入することが発表された[9]。3月14日にB♭の内部ユニットBee☆F.L.T.(ビーフラット)[注 2]池袋サンシャインシティ噴水広場における東京初公演『Bee☆F.L.T.TOKYOライヴ』に、B♭のメンバーから藤田あかり渡邉幸愛野田怜奈とともに「B♭4(B4)」[注 3]名義で参加してバックダンサーを務めた[10]。その後7月7日には正式メンバーになった[11]。B♭のメンバーとして仙台市を中心に活動したが、東京都内で公演を行うこともあった[12]
  • 2010年12月16日に、野田とともにB♭を卒業して当時インディーズ活動をしていた同事務所所属のガールズユニットDorothy Little Happy(以下「ドロシー」と表記)の「オフィシャル(公式)バックダンサー」として活動する事を発表した[13][注 4]
  • 2011年1月10日に仙台市のCLUB JUNK BOXで開催されたドロシー初のライブハウス公演にバックダンサーとして参加する[14]など、各地で開催されたドロシーの公演でのバックダンサーを務めたほか、単独で「Dorothy Little Happyオフィシャル(公式)バックダンサーズ」としてイベント等に出演した[15]

モーニング娘。加入後[編集]

  • 2011年9月29日、日本武道館で行われた『コンサートツアー2011秋 愛BELIEVE〜高橋愛 卒業記念スペシャル〜』にて、約6000人が応募した『モーニング娘。10期メンバー『元気印』オーディション』に合格しモーニング娘。10期メンバーに選ばれたことが発表された[16]。ドロシーのプロデューサー坂本サトルは、自身のライブに参加した経験もある石田の合格に、「おめでとう!逞しく生き抜くんだぞ!!」とメッセージを寄せた[17]
  • 2012年9月10日、モーニング娘。10期メンバー(後に、11期メンバーも加入)によるオフィシャルブログ「天気組ブログ」を開設。
  • 2013年12月4日にリリースされた、Juice=Juiceのシングル曲「イジワルしないで 抱きしめてよ」のミュージック・ビデオ(MV)に負傷した宮本佳林の代役としてダンスシーンの撮影に参加した[18]。プロデューサーのつんく♂は、「ハロー!プロジェクトならどういう楽しみ方が出来るか?」と考えた結果、宮本と「背格好が近い」石田に「助っ人」として参加してもらうことにしたと説明している[19]
  • 2014年11月から、出身地宮城県の仙台放送でテレビ放送されている情報バラエティ番組あらあらかしこ』の月例コーナー「石田亜佑美が行くっ!」に出演している。
  • 2017年1月9日に、2017年最も飛躍が期待出来る新成人を決定するニコニコ生放送番組『新成人アワード2017』において、LIDDELLとドワンゴにより発表された「日本女性特有の清楚で美しさを持ち日本人としての誇りと強い志を感じる女性新成人」に送られる「大和撫子賞」を受賞した[20]
  • 2018年12月31日、ハロー!プロジェクトのカウントダウンコンサート1部にて、モーニング娘。のサブリーダーに就任することが発表された。

人物[編集]

  • つんく♂からは「歌もダンスもずば抜けていた」・「性格的にもすごく意思が固く、モーニング娘。の歴史も今後は勉強し引き継いで行ってくれる」と評価されモーニング娘。に合格した[25]
  • 同期から見た10期オーディションでの石田の印象は「電車で目があった時に、オーラがすごいしスーツケースがめっちゃ可愛くて、これはレベル高いなって(工藤)」・「合宿で、鏡越しにずっとダンスを見て参考にしてました。ダンスの切れ目?キレ?が良くて上手だなって(佐藤)」・「すっごい可愛いコいるなぁと思いました。おしとやかなイメージだったけど、仲良くなったら…全然そんなことなくて、賑やかなコでした(飯窪)」[26]
  • モーニング娘。のリーダーであった道重さゆみによればモーニング娘。への愛情が「めちゃくちゃ」強い[27]
  • 鞘師里保は、モーニング娘。時代にパフォーマンスに対するモチベーションを常に高く保てたのは石田がいたからこそ、ダンスでは負けたくないと思っていたと語っている[28]
  • ステップワン所属時にB♭(ビィフラット)のメンバーとしてともに活動した渡邉幸愛によれば、B♭のころの石田はいつも笑顔で優しく、どんな時でもリーダーの渡邉を支え、「キレッキレッな」ダンスをメンバーに教えるなどグループのために何事も全力で頑張っていた[29]
  • 石田がバックダンサーを務めていた当時のDorothy Little Happyのメンバーで、B♭の先輩メンバーにもあたる富永美杜秋元瑠海はそれぞれ「ダンスがすごくうまかったんです。ダンスレッスンが一緒だったとき、いつも亜佑美ちゃんに目がいっちゃいました。(富永)」・「私たち(瑠海、美杜、香美)と同い年なんですが、すごく優しいし、すごい努力家なんですよ(秋元)」と述べている[30][31]。また同じく当時ドロシーのメンバーで、自身も加入前「オフィシャルバックダンサー」であった早坂香美は「もうダンスがめっちゃくちゃ上手で、『私もああいうダンス踊ってみたいな』って思う立場だったので。しかも優しいっていう、完璧な女の子でした。」と述べている[32]
  • 主に後輩の12期メンバーの羽賀朱音から慕われており、元メンバーで石田と同期の工藤遥つばきファクトリーのサブリーダーの小片リサと共に羽賀や工藤の実家お泊り会ホームパーティーなどをするほどの仲である[33][34][35]
  • モーニング娘。で一番好きな曲は「泣いちゃうかも[36]。モーニング娘。に憧れを抱き、かっこいいと思った(「アイドルなのに切ない表情をするんだとか、こんなにかっこいい曲を歌うんだという衝撃を受けた」)曲であり[37]、オーディションを受けるときに歌審査用に選んだ曲でもある[36]
  • 歌手・作詞家・タレントで舞台の歌唱指導もする新良エツ子は2018年に、今まで指導してきた中でミュージカルに進んでも遜色ないと思うアイドルとして石田を挙げて「芝居も入れての総合力がとても高いので、もし石田がミュージカルに進んだら革命が起こりそうな気がします。『あの子、歌がものすごく上手いわけじゃないのに、何!?』って。スネフェルはハマり役だったというのもありますけど、それ以上に私は驚きましたからね。」と評している[38]
  • 2021年4月2日放送の『中居正広の金スマ2時間SP モーニング娘。'21&OG総勢18名! 今夜限りうたばん秘蔵映像解禁』(TBS)では番組中、サプライズゲストで登場したとんねるず石橋貴明から読売ジャイアンツゼラス・ウィーラー選手にちなんだ「ウィーラー」というあだ名(通称・うたばんネーム)がつけられた[2]
  • 石田が醸す雰囲気や空気感は「だーいし感」と呼ばれる[39]

作品[編集]

映像作品[編集]

  • Greeting 〜石田亜佑美〜(2012年7月7日、アップフロントワークス) - e-Hello!(イーハロ)シリーズ(e-LineUP!期間限定販売)[40]
  • AYUMI in GUAM(2013年8月14日、zetima[41]
  • 颯夏 -souka-(2014年7月2日、zetima)[42][43]
  • It's a Beautiful Day(2016年7月27日、zetima) - EAN 4942463523534

出演[編集]

テレビ[編集]

ドラマ[編集]

バラエティ・情報番組[編集]

教育番組[編集]

  • ティーンズビデオ2015〜NHK杯全国放送コンテスト(2015年8月13日・14日、NHK Eテレ) - ナビゲーター[49]
  • オトナヘノベル(2016年11月10日、NHK Eテレ) - 10代ドラマ「マスクがはずせない!?」、カスミ 役(主役)[50]

スポーツ番組[編集]

  • スポルたん!LIVE presents 楽天イーグルス2017シーズン総集編(2017年12月19日、仙台放送)

ラジオ[編集]

ネット配信[編集]

舞台・ミュージカル[編集]

劇場アニメ[編集]

コンサート[編集]

  • M-line Special 2021〜Make a Wish!〜(2021年3月6日・6月27日、仙台GIGS、各日昼夜2公演) - 3月6日はシークレットゲスト出演[60]、6月27日はゲスト出演[61]

ライブ・イベント[編集]

  • Bee☆F.L.T.TOKYOライヴ(2010年3月14日、池袋サンシャインシティ噴水広場) - 藤田あかり・渡邉幸愛・野田怜奈とともにバックダンス(Bee☆F.L.T. with B♭4)。

ミュージック・ビデオ[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

  • 石田亜佑美(2013年7月15日、ワニブックス、撮影:中山雅文)ISBN 978-4847045622 [63][64]
  • shine more(2014年5月10日、ワニブックス、撮影:樂滿直城)ISBN 978-4847046469 [65][66]
  • It’s my turn(2016年6月27日、ワニブックス、撮影:熊谷貫)ISBN 978-4847048487 [67]
  • 20th canvas(2018年4月27日、ワニブックス、撮影:西條彰仁)ISBN 978-4-8470-8119-4 [68]
  • believe in oneself(2020年1月7日、ワニブックス、撮影:西村康)ISBN 978-4-8470-8257-3 [69]

新聞連載[編集]

  • 「ハロプロ+愛(プラス ラブ)」石田亜佑美 責任編集 〜私のこと教えます!〜(2015年1月7日 -、東スポ芸能)[70]

所属グループ・ユニット[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 石田が加入した時のメンバーは後にDorothy Little Happyのオリジナルメンバーとなる5名(白戸佳奈・髙橋麻里・秋元瑠海・鈴木美知代・富永美杜)と桜井りおな・藤田あかり・渡邉幸愛・野田怜奈・石田の10名で、リーダーは白戸であった。2010年7月にDorothy Little Happyが結成され、そのメンバーが卒業したためB♭は渡邉をリーダーとするグループとして再スタートすることになり、正式メンバーとなった石田も引き続き参加した。後述する「B♭4(B4)」に新メンバー(吉木悠佳・辻村愛璃・菊地史夏)を加えた、この時のメンバーのうち10年12月の野田と石田の卒業後残留する5名は全員、12年6月に、当時のB♭メンバー15名の中からParty Rocketsのオリジナルメンバー7名に選抜されることになる。
  2. ^ Bee☆F.L.T.はB♭の選抜メンバーで編成され、当時のメンバーは白戸佳奈・秋元瑠海・富永美杜の3名。
  3. ^ Bee☆F.L.T.のメンバー(や後に結成されるDorothy Little Happyのメンバー)を含む先輩たち6名(B♭6)よりも後輩B♭メンバーの4名
  4. ^ 伏見野乃花(先に発表)と石田・野田の3人が「オフィシャルバックダンサー」になったことで、前月21日の早坂香美のドロシー加入により2人になっていた「オフィシャルバックダンサー」のメンバーは5人となった。
  5. ^ モーニング娘。10期メンバー(飯窪春菜、石田亜佑美、佐藤優樹工藤遥)の4人組。「モーニング娘。天気組」名義の曲は「青春ど真ん中」(モーニング娘。『One・Two・Three/The 摩天楼ショー』の初回生産限定盤E・F、『モーニング娘。’14 カップリングコレクション2』に収録)のみ。
  6. ^ モーニング娘。最初期メンバー(中澤裕子石黒彩飯田圭織安倍なつみ福田明日香)とモーニング娘。'17 / '18とのコラボレーションユニット。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g モーニング娘。'21 石田亜佑美プロフィール”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト. 2017年12月12日閲覧。
  2. ^ a b c “「うたばん」11年ぶり復活 モー娘。石田亜佑美の珍あだ名に反響「ウィーラー爆誕!」”. ENCOUNT (Creative2). (2021年4月3日). https://encount.press/archives/157370/ 2021年4月3日閲覧。 
  3. ^ a b c 福島民報2012年6月16日付12面(文化芸能面)『一緒に東北魂見せよう「モーニング娘。」石田が来社』
  4. ^ a b c “元楽天チアのモー娘石田亜佑美が初V祝福”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2013年9月27日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20130927-1195825.html 2018年6月5日閲覧。 
  5. ^ モーニング娘。10期メンバー 決定!”. UP-FRONT DC Co., Ltd. (2011年9月30日). 2011年10月2日閲覧。
  6. ^ 石田亜佑美”. CDJournal. 2020年8月25日閲覧。
  7. ^ 石田亜佑美”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年1月5日閲覧。
  8. ^ 8/14(火)は「モーニング娘。」がやって来る!”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2012年8月3日). 2018年6月5日閲覧。
  9. ^ ★速報!!★”. B♭/Bちゃんブログ. GMOインターネット (2010年3月8日). 2014年3月17日閲覧。
  10. ^ ★応援ありがとう★”. B♭/Bちゃんブログ. GMOインターネット (2010年3月14日). 2014年3月23日閲覧。
  11. ^ ★お知らせ!★”. B♭/Bちゃんブログ. GMOインターネット (2010年7月7日). 2017年2月9日閲覧。
  12. ^ 「TOKYO LIVE VERSION! 2010 秋 第1部」(2010年9月26日、Studio Cube 326)有限会社ライブバージョン主催ライブ実績(2015年9月現在)”. ライブバージョン. 2017年2月9日閲覧。
  13. ^ 野田怜奈 (2010年12月16日). “★感謝★”. B♭/Bちゃんブログ. GMOインターネット. 2017年2月9日閲覧。石田亜佑美 (2010年12月16日). “★ありがとうッ!!★”. B♭/Bちゃんブログ. GMOインターネット. 2014年3月17日閲覧。
  14. ^ Dorothy Little Happy LIVE (インターネット番組). 宮城県仙台市: アリティーヴィー.. (2011年1月10日). 該当時間: 44:35. http://www.ustream.tv/recorded/11933181 2014年3月22日閲覧。 ドロシーの「デモサヨナラ」はこの時に初公開された。
  15. ^ 石田亜佑美 (2011年5月28日). “元気デたかしら☆!?”. STEP ONE girls blog. Ameba. 2014年4月28日閲覧。
  16. ^ モーニング娘。10期メンバー4人発表 明日卒業の高橋愛は「進化」に期待”. オリコン (2011年9月29日). 2011年10月2日閲覧。
  17. ^ モー娘。”. 坂本サトルオフィシャルブログ「日々の営み public」 (2011年9月30日). 2014年3月22日閲覧。
  18. ^ “Juice=Juice新作シングル発売、PVにはモー娘。石田も”. ナタリー. (2013年11月28日). http://natalie.mu/music/news/104602 2017年3月3日閲覧。 
  19. ^ Produce Work”. つんく♂オフィシャルウェブサイト. 2017年3月3日閲覧。
  20. ^ ノミネートされた14名から選ばれた。“~新成人アワード2017~グランプリは<SKE48・松井珠理奈>新成人のセンターを獲得!今年最も飛躍が期待できる新成人としてグランプリに!”. ORICON NEWS. (2017年1月10日). http://www.oricon.co.jp/pressrelease/104921/ 2017年2月5日閲覧。 
  21. ^ “モー娘。石田亜佑美&アンジュルム佐々木莉佳子 “イーグルスガール”イメキャラに就任!”. ウーマンエキサイト. (2018年1月31日). https://woman.excite.co.jp/article/lifestyle/rid_Techinsight_20180131_469984/ 2018年2月26日閲覧。 
  22. ^ “石田亜佑美と佐々木莉佳子が始球式「緊張しました」”. nikkansports.com. (2018年6月23日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201806230000731.html 2018年7月29日閲覧。 
  23. ^ 【握手会情報追記】イーグルスガールの石田亜佑美さんと佐々木莉佳子さんが8/10(金)に再び登場!” (2018年8月6日). 2019年8月2日閲覧。
  24. ^ 石田亜佑美編と八乙女光編が作成されCMYoutubeで公開された。
  25. ^ つんく♂オフィシャルコメント「モーニング娘。10期メンバー『元気印』オーディションについて」
  26. ^ 「モーニング娘。10期メンバーファーストミーティング!」『BOMB』、学研パブリッシング、2011年12月、 49頁。
  27. ^ “【完全版】道重が教える「モー娘メンバーのイジり方」”. 東スポWeb (東京スポーツ新聞社). (2014年11月25日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/338115/2/ 2015年5月16日閲覧。 
  28. ^ 2015、「鞘師里保 石田亜佑美」、『グラビアザテレビジョン』43、KADOKAWA〈カドカワムックNo.624〉 ISBN 9784048955409 p. 30
  29. ^ 渡邉幸愛 (2011年9月29日). “★おめでとう!!♪★”. B♭/Bちゃんブログ. GMOインターネット. 2014年3月22日閲覧。
  30. ^ カゲ (2012年1月10日). “2012年はドロシーリトルハッピーが来る! 仙台発の次世代アイドルに注目せよ”. 週刊アスキーPLUS. ASCII MEDIA WORKS. 2014年4月17日閲覧。
  31. ^ 石田亜佑美ちゃん★おめでとう!!”. Dorothy Little Happy公式ブログ (2011年9月29日). 2011年10月2日閲覧。
  32. ^ 平賀哲雄 (2014年4月2日). “Dorothy Little Happy『The best of Dorothy Little Happy』インタビュー”. billboard Japan. 阪神コンテンツリンク. 2015年7月16日閲覧。
  33. ^ 最高なホームパーティー☺羽賀朱音 モーニング娘。'18 12期オフィシャルブログ” (2018年4月16日). 2018年4月18日閲覧。
  34. ^ ウチくる 工藤遥オフィシャルブログ「ハルカメラ」” (2018年4月17日). 2018年4月18日閲覧。
  35. ^ 次こそ、夢の国へ! 小片リサ つばきファクトリーオフィシャルブログ” (2018年4月20日). 2018年4月20日閲覧。
  36. ^ a b 16日間!!石田亜佑美”. モーニング娘。‘16 天気組オフィシャルブログ (2016年5月15日). 2019年1月18日閲覧。
  37. ^ “モーニング娘。'17が大阪サンスポに来社! 譜久村聖&石田亜佑美&羽賀朱音が新曲のエピソード明かす (6/8ページ)”. SANSPO.COM. (2017年9月27日). https://www.sanspo.com/geino/news/20170927/ido17092700260001-n6.html 2019年1月18日閲覧。 
  38. ^ “モー娘。舞台「ファラオの墓」歌唱指導・新良エツ子が推す革命を起こす可能性を秘めたメンバーとは?”. SANSPO.COM ザテレビジョン (KADOKAWA). (2018年9月14日). https://thetv.jp/news/detail/161793/p3/ 2019年8月2日閲覧。 
  39. ^ 真緒 (2020年12月5日). “モーニング娘。’20 石田亜佑美、風になびくポニーテールと笑顔 1st写真集に溢れる「だーいし感」を堪能”. リアルサウンド ブック. 株式会社blueprint. 2021年4月18日閲覧。
  40. ^ e-Hello! 石田亜佑美DVD 『Greeting ~石田亜佑美~』 ダイジェスト - YouTube
  41. ^ モーニング娘。-ハロー!プロジェクトオフィシャルサイト-”. 2013年12月12日閲覧。
  42. ^ 颯夏 ‐souka‐”. アップフロントワークス. 2014年6月12日閲覧。
  43. ^ 颯夏 ‐souka‐ 石田亜佑美”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト リリース詳細. DC FACTORY. 2015年6月27日閲覧。
  44. ^ “モー娘石田、下手なチア役で演技うますぎと怒られる”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2015年12月4日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1575043.html 2015年12月4日閲覧。 
  45. ^ 44歳のチアリーダー!!”. 石田亜佑美|モーニング娘。‘15 天気組オフィシャルブログ Powered by Ameba. 株式会社サイバーエージェント (2015年11月11日). 2015年12月4日閲覧。
  46. ^ 出演者情報”. あらあらかしこ. 仙台放送. 2019年9月23日閲覧。
  47. ^ “『ハロプロダンス学園』インタビュー “ダンスが好き”という気持ちが生んだ7人の結束力”. Real Sound (blueprint). (2019年4月27日). https://realsound.jp/2019/04/post-353596.html 2019年9月23日閲覧。 
  48. ^ ハロー!プロジェクト新番組「ハロプロダンス学園」放送決定!”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト. 2019年4月1日閲覧。
  49. ^ ティーンズビデオ2015 (8/13・14) / ティーンズラジオ2015 (8/21 )”. NHK for School ブログ. 2015年8月16日閲覧。
  50. ^ モー娘。だーいし、“マスクなしでは生きてゆけない”JKに”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2016年11月7日). 2017年1月7日閲覧。
  51. ^ TBCラジオワイドFM放送開始1周年特別番組「ダイアローグ」” (2018年5月1日). 2018年7月31日閲覧。
  52. ^ 大人の麦茶×ゲキハロ 「ごがくゆう」”. 演劇プロジェクト. オデッセー. 2017年12月12日閲覧。
  53. ^ モー娘・石田亜佑美VS小田さくら ダブルキャストで火花”. 東スポWeb. 東京スポーツ新聞社 (2016年4月25日). 2017年1月7日閲覧。
  54. ^ JKニンジャガールズ”. オデッセー. 2019年5月23日閲覧。
  55. ^ “竹宮惠子「ファラオの墓」舞台化!出演にモーニング娘。'17、汐月しゅう”. ナタリー. (2017年3月1日). http://natalie.mu/stage/news/222866 2017年7月2日閲覧。 
  56. ^ “モー娘。’18・石田亜佑美、座長抜てきに覚悟「私の本気を見せたい」”. ORICON NEWS. (2018年5月31日). https://www.oricon.co.jp/news/2112571/full/ 2018年7月31日閲覧。 
  57. ^ 演劇女子部「遙かなる時空の中で6 外伝 〜黄昏ノ仮面〜」特別企画 友情出演決定!!”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト. 2019年5月23日閲覧。
  58. ^ 朗読劇「うち劇オンステージ」モーニング娘。'21石田亜佑美の出演決定!”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト (2021年5月19日). 2021年5月19日閲覧。
  59. ^ モー娘。『プリキュア』新作映画の主題歌抜てき 飯窪&石田&小田が初声優に挑戦!”. ORICON STYLE. oricon ME (2015年2月10日). 2015年5月30日閲覧。
  60. ^ #MSMW…!石田亜佑美”. モーニング娘。‘21 天気組オフィシャルブログ (2021年3月6日). 2021年3月6日閲覧。
  61. ^ モーニング娘。'21石田亜佑美・小田さくら、つばきファクトリー岸本ゆめの「M-line Special 2021〜Make a Wish!〜」ゲスト出演決定!”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト (2021年4月30日). 2021年4月30日閲覧。
  62. ^ Juice=Juice 『イジワルしないで 抱きしめてよ』(MV). (2013年11月15日). http://www.youtube.com/watch?v=wCNV_wAx82Y 2015年5月14日閲覧。 
  63. ^ 石田亜佑美ファースト写真集 『石田亜佑美』”. ワニブックス. 2013年7月1日閲覧。
  64. ^ 【先行予約】石田亜佑美ファースト写真集 『 石田亜佑美 』(ポストカード付き)”. ワニブックス. 2013年7月1日閲覧。
  65. ^ 石田亜佑美写真集『shine more』”. ワニブックス. 2014年4月14日閲覧。
  66. ^ 【先行予約】石田亜佑美写真集『shine more』(通販限定アザーカバー+生写真付き)”. ワニブックス. 2014年4月14日閲覧。
  67. ^ “モー娘。’16・石田亜佑美、“宮城の奇跡”を自負「自信があります!」”. ORICON STYLE. (2016年7月12日). http://www.oricon.co.jp/news/2074872/full/ 2016年7月12日閲覧。 
  68. ^ “モーニング娘。'18 石田亜佑美写真集 『20th canvas』”. ワニブックス. https://www.wani.co.jp/event.php?id=5829 2018年4月19日閲覧。 
  69. ^ “モーニング娘。’20・石田亜佑美写真集『believe in oneself』”. ワニブックス. https://www.wani.co.jp/event.php?id=6468 2019年11月9日閲覧。 
  70. ^ 道重が後継指名!モー娘。石田亜佑美「私もさゆロス」”. 東スポWEB. 東京スポーツ新聞社 (2014年12月21日). 2015年5月12日閲覧。

関連項目[編集]

先代:
生田衣梨奈
飯窪春菜
モーニング娘。サブリーダー
2018年12月31日 -
※生田衣梨奈と共同
次代:
-