石田憲次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

石田 憲次(いしだ けんじ、1890年6月7日 - 1979年6月30日)は、米文学者

山口県出身。東京外国語学校英語科を経て、1916年京都帝国大学英文科卒。同志社大学教授、1924年京都帝大文学部助教授、1934年教授、京都大学教授、1951年定年退官、大阪市立大学教授、1958年京都女子大学教授を務めた。18世紀およびヴィクトリア朝の英文学研究、またフランクリンなど初期アメリカ文学の研究を行い多数の著作を著した。特にキリスト教的傾向が強い[1]

著書[編集]

  • 『改造期の文学者バーナード・シヨオ弘文堂書房 1920
  • カーライル研究』新日本図書 1923
  • 『基督教的文学観』研究社 1932
  • 『バーナード・ショオ真髄』弘文堂書房 1932
  • ジヨンソン博士とその群』研究社 1933
  • ニューマン』研究社英米文学評伝叢書 研究社出版 1936
  • 『信仰告白』研究社 1937
  • 『英文学主潮史 第2 研究社英米文学語学講座 第5』研究社 1941
  • 『近代英国の諸断面』星野書店 1944
  • 『英国と英国人』弘文堂書房(教養文庫)1947
  • 『英国民性と文学』日本評論社 1949
  • フランクリン』日本評論社 1949
  • 『英文学 感銘と考察』高島屋出版部 1949
  • 『カーライル論考』新日本図書 1949
  • 『アメリカ文学の研究』研究社出版 1950
  • エマーソンとアメリカのネオ・ヒューマニズム』研究社出版 1958
  • 『英文学としての旧約聖書とアポクリフア』研究社出版 1960
  • 『英文学のよろこび』研究社出版 1965
  • 『英文学風土記』研究社出版 1972
  • 『二度生まれる 文学に現われた宗教的回心』あぽろん社 1981
共著
  • 『ヂョンスン』鈴木二郎共著 研究社英米文学評伝叢書 研究社 1934

翻訳[編集]

  • カーライル『過去と現在』弘文堂書房 1919 のち岩波文庫
  • ジョン・ラスキン『此の最後の者にも』弘文堂書店 1924
  • ラスキン『胡麻と百合』照山正順共訳 岩波文庫 1935
  • カーライル『衣服哲学』岩波文庫 1946
  • チャールズ・ラム『続エリア随筆集』新月社(英米名著叢書) 1948
  • ジョン・スチュアート・ミル『ミル自叙伝』今泉浦治郎共訳 弘文堂書房 1948
  • ジョン・ミルトン『言論と自由 アリオパヂティカ』上野精一、吉田新吾共訳 新月社 1948 のち「言論の自由」岩波文庫
  • ルイ・カザミアン『イギリスの社会小説 1830-1850』臼田昭共訳 研究社出版 1958
  • H.W.ネヴィンソン『英国人』石田泰共訳 南雲堂 1981
  • マシュー・アーノルド『文学とキリスト教義 聖書のより良き理解のための試論』あぽろん社 1982

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『英米文学辞典 第三版』研究社、1985年