石田春夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

石田春夫(いしだ はるお、1926年5月12日- )は、日本の精神科医。

略歴[編集]

横浜市生まれ。父は国文学者・石田吉貞新潟大学医学部卒、1955年「神経症における若干の問題」で医学博士横浜市立大学病院をへて、1957年国立横浜病院精神科医師。65年パリ大学医学部、サンタンヌ精神病院に学ぶ。リルケボードレールを好み自ら小説も書いた[1]

著書[編集]

  • 『不安の享楽 自由を失った存在』河出書房(河出新書)1955
  • 『不安のエチュード』塙書房(塙新書)1970
  • 『思春期の人間学』三共出版 1974
  • 『檻の時間 石田春夫短編集』昭和出版 1978
  • 『心の世界から 精神科医の記録』白水社 1980
  • 『自己不安の構造』1981 講談社現代新書
  • 『心の世界から 続』白水社 1981
  • 『病める心の風景』白水社 1983
  • 『セルフ・クライシス』1985 (講談社現代新書)
  • 『人間がこわい』講談社 1986
  • 『「ふり」の自己分析 他者と根源自己』1989 (講談社現代新書)
  • 『心の地水火風 精神科医の安心法』大法輪閣 1996
  • 『人は遊ぶ ホモ・ルーデンス再考』近代文芸社 2000

翻訳[編集]

  • ポール・ショシャール『人間と性』白水社 (文庫クセジュ)1971
  • ロベール・ラプラーヌ, ドゥニーズ・ラプラーヌ,ジェロー・ラファルグ共著『思春期』白水社 (文庫クセジュ)1972

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』1987