石田正治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

石田 正治(いしだ まさはる、1947年 - )は、日本の政治学者国際政治学者九州大学法学部名誉教授。元九州大学大学院法学研究院教授。専門は、政治動態学。

1966年、福岡県立福岡高等学校卒業。1971年、九州大学工学部卒業。1973年、同大学法学部卒業。朝日新聞社総務局を経て、1977年、九州大学大学院法学研究院修士課程入学。1982年、九州大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。同大学、助手、助教授を経て1992年から教授。1993年、九州大学から『安全保障のパラドックス ―トルーマンと冷戦国家の形成―』で博士(法学)を授与される。2011年度をもって定年退職。2012年4月より同名誉教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『冷戦国家の形成―トルーマンと安全保障のパラドックス』(三一書房, 1993年)
  • 『沖縄の言論人 大田朝敷―その愛郷主義とナショナリズム』(彩流社, 2001年)
  • 『ホームヘルプ活動と「人間の尊厳」―介護や介助が介入にならないための心構え』(アイネック学術出版, 2003年)
  • 『ホームヘルプの専門家であるために』(アイネック学術出版, 2003年)

共編著[編集]