石田達郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いしだ たつろう
石田 達郎
生誕 1918年7月18日
北海道札幌市
死没 (1990-07-19) 1990年7月19日(72歳没)
東京都
死因 食道癌
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
出身校 慶應義塾大学経済学部
職業 実業家
活動期間 1954年 - 1990年
肩書き ニッポン放送代表取締役社長
フジテレビジョン代表取締役社長
任期 1974年 - 1982年(ニッポン放送社長)
1982年 - 1985年(フジテレビジョン社長)
前任者 鹿内信隆(ニッポン放送)
浅野賢澄(フジテレビジョン)
後任者 羽佐間重彰(フジテレビジョン)
配偶者 あり
親戚 石田誠(ニッポン放送)

石田 達郎(いしだ たつろう、1918年7月18日 - 1990年7月19日)は、日本実業家。元ニッポン放送フジテレビジョン(現フジ・メディア・ホールディングス)社長。北海道札幌市出身。

来歴・人物[編集]

パシフィック音楽出版(PMP、現フジパシフィックミュージック)、ポニー、キャニオンレコード(現ポニーキャニオン)、ディノス(現ディノス・セシール)といった、現在のフジサンケイグループで非放送・新聞事業の中核となる企業を設立。

1966年にはカーステレオの普及を見越し、そのための音楽ソフト制作会社としてポニーを設立。1970年には「1980年には日本のビデオソフトが5000億円産業に成長する」と予言し[1][注釈 1]、ビデオソフト制作に参入。

1982年からは浅野賢澄の後を受けてフジテレビの社長を3年間務め、1985年に後任の羽佐間重彰にバトンタッチした。

グループ議長の鹿内信隆の側近中の側近であり、フジテレビ社長退任後、フジサンケイグループ最高顧問に就任。信隆の跡を継ぎ議長を務めた鹿内春雄鹿内宏明らの相談役としてグループ内で重きをなした。また、1973年より17年間にわたり日本ビデオ協会(現日本映像ソフト協会(JVA))理事長・会長を務めるなど、音楽・映像ソフトの発展に寄与した。

1990年7月19日、食道癌のため死去。享年72。

家族[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

担当作品[編集]

受賞歴[編集]

エピソード[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ちなみに、日本のビデオソフト市場は2004年に3753億9300万円(日本映像ソフト協会調べ)を記録したのがピークであり[2][3]、2017年現在までに「5000億円産業」は達成されていない。

出典[編集]

  1. ^ 検証日本ビデオソフト史 1章「五千億円産業説」とその波紋 1.熱気を呼んだ背景、日本映像ソフト協会。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  2. ^ 2010年の映像ソフト売上、Blu-rayが健闘するも金額ではマイナスに、RBB TODAY、 2011年3月9日 12時36分。
  3. ^ 発売中止の作品まで…… アニメの“円盤”は消滅するのか? (2/4ページ)、SankeiBiz、2018年11月17日 6時45分。
  4. ^ 朝妻一郎『ヒットこそすべて ~オール・アバウト・ミュージック・ビジネス』(白夜書房
  5. ^ Musicman-NET Musicman's RELAY 第71回 加藤和彦氏
  6. ^ Nikkansports.com インタビュー<日曜日のヒーロー>第466回 吉田拓郎
  7. ^ 品田雄吉『シネマの記憶から 名優・名監督と映画評論家の五十年』角川SSコミュニケーションズ、2008年、pp.161-162。

関連項目[編集]