石田馨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
石田馨

石田 馨(いしだ かおる、1885年5月4日 - 1959年1月26日)は、日本の内務官僚。官選県知事警視総監

経歴[編集]

山口県出身。石田清次の長男として生まれる。徳山中学第五高等学校を経て、1913年7月、東京帝国大学法科大学法律学科(英法)を卒業。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格し、同年12月、内務省に入り新潟県属となる。その後、新潟県理事官福岡県視学官東京府学務課長、青森県警察部長、内務省地方局府県課長、栃木県書記官・警察部長、岡山県書記官・内務部長、警視庁官房主事、警視庁保安部長、京都府内務部長などを歴任。

1929年7月、宮崎県知事に就任。千葉県知事を経て、1931年6月、内務省神社局長となる。1935年1月、神奈川県知事に発令され、さらに警視総監を務めた。

1945年4月に高松宮別当、1946年4月、宮内省御用掛に就任。同年12月に退官した。1947年11月に公職追放となり、1950年10月に解除された。1949年10月に弁護士登録を行った。

著作[編集]

  • 石田馨述『時局と神社 第1輯』、全国神職会、1934年。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『人事興信録』第14版 上、人事興信所、1943年、イ156頁。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。