石町 (名古屋市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 愛知県 > 名古屋市 > 東区 > 石町
石町
石町の位置(愛知県内)
石町
石町
石町の位置
北緯35度10分38.21秒 東経136度54分43.5秒 / 北緯35.1772806度 東経136.912083度 / 35.1772806; 136.912083
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aichi Prefecture.svg 愛知県
Flag of Nagoya, Aichi.svg 名古屋市
Emblem of Higashi, Nagoya, Aichi.svg東区
町名廃止 1976年(昭和51年)1月18日[1]
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
市外局番 052[2]
ナンバープレート 名古屋[3]
位置は国土地理院1万分の1『名古屋東北部』(1955年)による

石町(こくちょう)は、愛知県名古屋市東区地名。1丁目から3丁目があった。1976年(昭和51年)1月18日、同区一丁目および同二丁目に編入された[1]

地理[編集]

東は鍋屋町、西は中市場町2丁目、南は武平町2丁目・下堅杉町1丁目・冨士塚町3丁目・七小町、北は武平町1丁目・東片端町1丁目・上堅杉町6丁目・東片端町2丁目・冨士塚町1丁目に接する。

学区[編集]

人口[編集]

国勢調査による人口の推移

1950年(昭和25年) 619人[4]
1955年(昭和30年) 685人[4]
1960年(昭和35年) 622人[5]
1965年(昭和40年) 549人[5]
1970年(昭和45年) 508人[6]
1975年(昭和50年) 478人[6]

歴史[編集]

地名の由来[編集]

名古屋城下町開発に際して、穀物商が多く所在したことに由来するという説が主流であるというが、『尾張志』は清洲越しであり、築城の際には当地において石垣を切り出したともいう[7]

沿革[編集]

史蹟[編集]

安政6年から文久元年まで当地に私塾を開いていたという[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 名古屋市計画局 1992, p. 737.
  2. ^ 総務省総合通信基盤局電気通信事業部電気通信技術システム課番号企画室 (2014年4月3日). “市外局番の一覧 (PDF)” (日本語). 総務省. p. 7. 2015年5月23日閲覧。
  3. ^ 管轄区域” (日本語). 国土交通省中部運輸局愛知運輸支局. 2015年5月23日閲覧。
  4. ^ a b c 名古屋市総務局企画室統計課 1957, p. 73.
  5. ^ a b c 名古屋市総務局企画部統計課 1967, p. 67・68.
  6. ^ a b c 名古屋市総務局統計課 1977, p. 41・42.
  7. ^ a b 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1989, p. 547.

参考文献[編集]

  • 『昭和31年版 名古屋市統計年鑑』名古屋市総務局企画室統計課、名古屋市、1957年(日本語)。
  • 『昭和41年版 名古屋市統計年鑑』名古屋市総務局企画部統計課、名古屋市、1967年(日本語)。
  • 『昭和51年版 名古屋市統計年鑑』名古屋市総務局統計課、名古屋市、1977年(日本語)。
  • 角川日本地名大辞典 23 愛知県』「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1989年3月8日(日本語)。ISBN 4-04-001230-5。
  • 名古屋市計画局『なごやの町名』名古屋市計画局、1992年3月31日(日本語)。

関連項目[編集]