石蟹駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
石蟹駅
JRW ishiga sta.jpg
駅舎(2007年5月9日)
いしが
Ishiga
JR-V16 井倉 (4.5 km)
(4.7 km) 新見 JR-V18
所在地 岡山県新見市石蟹90-7
駅番号 JR-V17
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 V 伯備線
キロ程 59.7km(倉敷起点)
岡山から75.6 km
電報略号 イシ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
103人/日(降車客含まず)
-2019年-
開業年月日 1928年昭和3年)10月25日
備考 簡易委託駅
テンプレートを表示

石蟹駅(いしがえき)は、岡山県新見市石蟹にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)伯備線である。駅番号はJR-V17

歴史[編集]

駅構造[編集]

構内(2008年2月13日)

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅。新見方単線・倉敷方複線の行違い可能駅でもある。駅舎は単式ホームの1番のりば側にあり、島式ホームの2・3番のりばへは跨線橋で結ばれている。

新見駅管理の簡易委託駅であり、POS端末による発券を行う。2021年3月13日よりICOCAが利用可能になる。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 V 伯備線 上り 倉敷岡山方面
2 (予備ホーム)
3 V 伯備線 下り 新見米子方面

上り本線は1番のりば、下り本線は3番のりば。上下共用の待避線(中線)である2番のりばについては定期旅客列車の発着はないが、信号機自体は稼動している。

元々は駅舎側の下りホームを1番のりばとして順に付番していたが、2019年3月16日のダイヤ改正に合わせて上りホーム側から1番のりばとして付番する形に変更された[2]

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 139
2000 140
2001 141
2002 134
2003 137
2004 135
2005 139
2006 131
2007 138
2008 130
2009 124
2010 118
2011 126
2012 125
2013 123
2014 120
2015 110
2016 113
2017 113
2018 104
2019 103

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道(JR西日本)
V 伯備線
井倉駅 (JR-V16) - 石蟹駅 (JR-V17) - 新見駅 (JR-V18)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “伯備線 木野山〜石蟹駅間で 2021年3月13日(土)から新たにICOCAがご利用可能に!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2020年12月23日), オリジナルの2020年12月23日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201223064409/https://www.westjr.co.jp/press/article/items/201223_00_ICOCA.pdf 2020年12月23日閲覧。 
  2. ^ 岡山支社管内で配布されていた2019年3月ダイヤ改正のパンフレットに記載あり。