石谷武清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
石谷武清
時代 江戸時代前期
生誕 寛永4年(1627年
死没 宝永7年3月4日1710年4月2日
別名 五右衛門、五兵衛
戒名 宗英
官位 従五位下、長門守
幕府 江戸幕府
氏族 石谷氏
父母 父:石谷貞清、母:板倉重昌の養女(牧野駿河守家臣槇定繁の娘)
兄弟 武清、女子(都筑為基妻)、本多信賢
喜多見重恒の娘
石谷清成、女子(佐野政信の妻)、喜多見重政、女子(内藤忠廣)の妻

石谷 武清(いしがや たけきよ)は、江戸時代前期の旗本

生涯[編集]

寛永20年(1643年)2月20日に初めて徳川家光に拝謁し、同年6月16日に小姓組に配属された。正保2年(1645年)12月28日、廩米300俵を賜る。慶安元年(1648年)4月、徳川家光が日光山に詣でる時に従った。万冶元年(1658年)3月6日御徒頭となり、同年閏12月25日廩米300俵を加えられ、同年同月28日布衣の着用を許された。万冶2年(1659年)7月27日父貞清の家督を相続し、先に賜った廩米600俵は父の養老料に宛てられた。寛文3年(1663年)4月、徳川家綱が日光山に詣でる時にその供をした。寛文11年(1671年)3月26日御目付となった。延宝元年(1673年)3月19日禁裏附となり、近江国の内に1,000石加増された。合計で2,500石を領有し、同年7月1日従五位下長門守に叙任された。延宝7年(1679年)12月6日務めを辞し寄合に入った。元禄4年(1691年)4月4日近江国の領地を下総国豊田岡田両郡に移され、元禄11年(1698年)6月相模国の領地を上総国武射・山邊二郡に移された。元禄16年(1703年)7月22日に致仕した。

子女[編集]

  • 石谷清成
家督を相続する前に死んだため、清成の息子である石谷榮清が武清の家督を継いだ。
  • 女子
佐野内蔵丞政信の妻
  • 喜多見重政
喜多見藩主となるが、すぐに取り潰された。
  • 女子
内藤十之丞忠廣の妻

参考文献[編集]