石風呂良一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
石風呂 良一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県
生年月日 (1923-06-27) 1923年6月27日
没年月日 (1985-05-12) 1985年5月12日(満61歳没)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1949年
初出場 1949年11月16日
最終出場 同上
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

石風呂 良一(いしぶろ りょういち、1923年6月27日 - 1985年5月12日)は、広島県[3]出身のプロ野球選手

経歴[編集]

広島県立忠海中学校卒業後[1][2]、広島県内の運送会社のノンプロチーム(会社名不明)に所属[1][2]1949年11月に24歳で大阪タイガースへ入団[1][2]。入団から間もない11月16日の対阪急戦(明石)でプロ初登板・初先発[2]。初回から四球連発で痛打を浴び、1アウトもとれずに降板、4失点で敗戦投手となった[2]。「カーブも投げらない者を先発させるとは」と内外から批判され[2]、この先発起用が若林忠志監督退団の切っ掛けといわれる[2]。この後、一軍で登板することはなく、1951年に引退した。このため、石風呂の通算防御率は、算出不可能(無限大)となっている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1949 大阪 1 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 4 0.0 2 0 2 -- 0 0 0 0 4 4 ---- ----
通算:1年 1 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 4 0.0 2 0 2 -- 0 0 0 0 4 4 ---- ----

記録[編集]

背番号[編集]

  • 34 (1949年)
  • 32 (1950年 - 1951年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d “連載「内田雅也の猛虎人国記(2)~広島県(下)~」”. スポーツニッポン. (2011年11月24日2面). http://www.sponichi.co.jp/baseball/yomimono/mouko/kiji/K20120327002918780.html 
  2. ^ a b c d e f g h 「若林忠志が見た夢(24)」スポーツニッポン、2009年12月17日3面
  3. ^ プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、45ページ

関連項目[編集]