石黒氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

石黒氏(いしぐろし)は、越中国呉西の名族。


出自[編集]

石黒氏は、孝元天皇の孫・武内宿禰の後裔の古代豪族・利波氏、または藤原北家魚名流利仁流井口氏の流れを引くといわれる氏族である。なお『越中石黒系図』という書物に詳しい。

越中国石黒荘を本貫の地とし、福光を中心に栄えた。家紋は、丸に石文字(まるにいしもじ)など。

活動[編集]

越中国の代表的な国人としての石黒氏の歴史は古く、源平期木曾義仲に従って倶利伽羅峠の戦いで活躍した石黒光弘を皮切りに、戦国期には木舟城主・石黒成綱などが一向一揆と敵対した。

江戸時代になると加賀藩士、富山藩士に成る者、帰農して豪農と成る者など様々だったが、精巧な地図を作ったことで有名な石黒信由などが出た。

系図[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
林貞光利波豊久
 
 
 
 
 
 
 
 
石黒光久
 
 
 
 
 
 
 
光興
 
 
 
光弘[1]
 
 
 
光宗
 
 
 
光基
 
 
 
光綱
 
 
 
光政
 
 
 
政家
 
 
 
光雄
 
 
 
光秀
 
 
 
光連
 
 
 
光任
 
 
 
光清
 
 
 
光貞
 
 
 
光兼
 
 
 
光治
 
 
 
光増
  1. ^ 加賀斎藤氏・河崎光景の子。