砂のクロニクル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

砂のクロニクル』(すなのクロニクル)は、船戸与一の小説、またこれを原作にした演劇である。1989年6月から1991年1月にかけて週刊誌『サンデー毎日』に連載されたのち、1991年毎日新聞社から書籍化された。1991年第10回日本冒険小説協会大賞(国内部門)受賞[1]、1992年第5回山本周五郎賞受賞[2]、1992年『このミステリーがすごい! '93年版』第一位[3]

中東の少数民族クルド人。その独立のための武装蜂起を話の中心にして、クルド・ゲリラのハッサン、革命防衛隊副部長ガマルと隊員のサミル、複雑な過去を持つ女シーリーン、そして日本人の武器密輸業者「ハジ」、そして別人だが同じ名前を持つもう一人の「ハジ」の思惑と戦いを描いた、1980年代末期のイランを舞台にした作品である。

主人公と目される人物が複数人+αおり、それぞれがそれぞれの「正義」の為に戦うと言った内容。

クルド・ゲリラの青年ハッサンはクルド人の国家「マハバード共和国設立という正義」のため。

サミル・セイフは革命防衛隊の小隊長として、ホメイニ師が唱える「イラン革命という正義」を守るため。

武器商人ハジは、「金という正義」のため。

三者三様に信じる正義を守り抜くために行動する姿を基本的に時間的には同時進行で三人の物語を絡めながら進めることによって叙述している。

皆自分の信じた正義の為に戦っているので、いわゆる善悪二元論という敵か味方かという話では無いので、誰がこの小説の主人公かと問われるととても答えにくい小説である。

映像化が非常に難しい船戸作品の代表格でもあるが、その後劇団ピープルシアター、脚本・演出森井睦によって舞台化された。この舞台では、登場人物のサミルをメインに物語を展開している。

この作品では、各章(この作品では第○の奏と示している)で登場人物の誰をメインにしているかを表すために、西暦(グレゴリオ暦)の他にペルシア暦(ジャラリ暦)とイスラム暦(ヒジュラ暦)も使用している。

主要登場人物[編集]

西暦

  • 駒井克人(通称「ハジ」、武器密輸業者)
  • もう一人の「ハジ」(隻脚の日本人)
  • ゴラガジビリ(グルジアの武器密売業者、駒井の知人)

ペルシア暦

  • サミル・セイフ(革命防衛隊隊員)
  • ガマル・ウラディ(革命防衛隊副隊長・クーデターの首謀者)
  • シーリーン(サミルの姉)

イスラム暦

  • ハッサン・ヘルムート

雑誌掲載[編集]

サンデー毎日』1989年6月10日号 - 1991年1月13日号連載

書籍出版歴[編集]

演劇[編集]

  • 2006/10 東京芸術劇場小ホール1 全9公演
  • 2011/10 東京両国シアターχ 全10公演

 脚本・演出 森井陸 制作 ピープルシアター

出典[編集]

  1. ^ 大賞歴代集計結果'90~'99”. 日本冒険小説協会. 2021年4月24日閲覧。
  2. ^ 山本周五郎賞 過去の受賞作”. 新潮社. 2021年4月24日閲覧。
  3. ^ 『このミステリーがすごい!93年版』JICC出版局、1992年12月1日。