砂の上のロビンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

砂の上のロビンソン(すなのうえのロビンソン)は、上野瞭によって1987年新潮社より刊行された新聞連載小説、またそれを元にしたテレビドラマおよび映画演劇

あらすじ[編集]

住宅展示場のモデルハウスに1年間住むとその家と土地をもらえることになったサラリーマン一家の家族崩壊を描いた物語。不動産会社の企画に応募して見事にその権利を射止めた木戸周平とその一家はモデルハウスに住むことになるが、不動産会社の広告として、その監督のもと「理想の家族」を毎日やってくる他人の見学者の前で演じる羽目になる。しかも日曜日には大勢の見学者の前で決められた台本の通りの台詞と共に食事しなければならない。さらには近所や仕事仲間からの羨望とねたみ、子供たちへのいじめが重なり、家族はだんだんストレスがたまっていく。ある日周平は日曜の食卓で「こんなの、砂の上のロビンソン・クルーソーみたいだよ」と台本に無い台詞を吐いた後、衆目の面前で家を出て行き、そのまま失踪してしまう。数日後、非行グループに加担した次男は毎晩ホームレスを襲撃して楽しんでいたが、負傷したホームレスにとどめを刺そうと凶器を振り上げた目の前で必死にかばった別のホームレスは、変わり果てた父親の周平だった。

ドラマ[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

映画[編集]

1989年9月15日公開、105分、配給ATG

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

演劇[編集]

  • 劇団コーロにより舞台公演。