砂子 (川崎市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
砂子
—  町丁  —
京急川崎駅
砂子の位置(神奈川県内)
砂子
砂子
砂子の位置
座標: 北緯35度31分44.4秒 東経139度42分1.7秒 / 北緯35.529000度 東経139.700472度 / 35.529000; 139.700472
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Kawasaki, Kanagawa.svg 川崎市
川崎区
設置 1965年(昭和40年)
面積[1]
 - 計 0.1107km2 (0mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 - 計 1,679人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 210-0006[3]
市外局番 044 (川崎MA)[4]
ナンバープレート 川崎

砂子(いさご)は、神奈川県川崎市川崎区町名2012年(平成24年)4月6日現在、住居表示は未実施[5]郵便番号は210-0006[3]2010年国勢調査時点での面積は11.07 ha[6]

地理[編集]

川崎宿の中心部に位置し、土地は多摩川の沖積低地である[7]京急川崎駅が位置するほか川崎駅東口にも近く、一帯は銀柳街や川崎銀座などの商店街を含む商業地となっているほか、川崎信用金庫の本店など金融機関も多く立地している[8]

砂子は北端で本町と、東端で宮本町・東田町と、南端では神奈川県道101号扇町川崎停車場線を挟んで小川町と、西端では銀柳街や京急本線を境界として駅前本町と接する。これらの町域はすべて川崎区に属しており、砂子は市境・区境と接していない。

歴史[編集]

当地は江戸時代の川崎宿を構成した4町の1つであったが、二ヶ領用水の通水後は周辺部が耕地化していった[7]1872年明治5年)に新橋 - 横浜間の鉄道が開通したことにより川崎宿はその繁栄を失った[9]が、川崎駅が設置され、さらに後には京急川崎駅も当地に置かれたことにより、当地は駅前の商業地として発展していった[10]

中世以前[編集]

源頼朝の時代に創建され、佐々木泰綱が寄進した鐘の銘にも「武州河崎庄内勝福寺」と残る勝福寺は、その後衰微していたが、戦国時代に後北条氏の家臣であった間宮信盛により中興され、そして信盛の死後、その戒名から宗三寺と呼ばれるようになったとされる[11]

江戸時代[編集]

1601年慶長6年)に東海道が制定された当初、川崎宿は宿場となっていなかったが、1623年元和9年)に宿駅となり、その4年後には砂子・久根崎・新宿・小土呂の4町による川崎宿が確立した[12]。当地には本陣も所在していたが、周辺は農地であり、石は、正保期の「武蔵田園簿」で4158斗あまり(別に見取場もあり)、「元禄郷帳」では415石7斗あまり[7]、「天保郷帳」では436石7斗あまりとなっていた[9]。天保期の「宿方明細帳」によれば、家は147軒あり、農間に茶屋旅籠などの宿場関連の仕事に従事していたと残っている[9]

宿場では伝馬など負担が重く、また火災洪水[7]地震[13]飢饉[9]などの災害にも襲われたが、宿駅維持のために幕府は助郷の制度化[7]六郷の渡しの権益を川崎宿に与える[13]などの策を取っていった。

明治以降[編集]

明治維新以降、川崎宿の4町はまとめて「川崎駅」[14]と呼ばれるようになり[9]町村制施行後は川崎駅を中心として川崎町が発足し、のちに新設合併で川崎市となった。

明治以降、飛脚伝馬といった宿駅としての制度は廃止され、さらに鉄道開通により宿駅としての機能をも失うこととなった[13]

その後、川崎が工業地として発展するにつれ、当地は駅前の商業地へと変貌していくこととなった[10]。また、橘樹郡郡役所[10]や、市制施行後の川崎市役所[8](町域変更のため現宮本町)、川崎商工会議所[10](現駅前本町)などの施設も設置されていった。そして、大正時代には耕地整理が行われた[9]ほか、戦時中には臨港地区へ向かう道路も整備された[8]

第二次大戦では空襲で大きな被害を受けたが、その後は商業地として再建され、小美屋岡田屋(どちらも現在の駅前本町、小美屋は閉店)などの百貨店も開店した。そして、戦災復興土地区画整理事業により善養寺が緑ヶ丘霊園に移転するなど基盤整備が行われたほか、駅前本町などが分立し、砂子は現在の町域となった[8]

なお、作詞家・詩人の佐藤惣之助は当地にあった本陣の家に生まれ、当地で「詩の家」社を主宰し、幅広い作家の交流・同人活動が行われていた[11]

地名の由来[編集]

砂地であったことからの地名と考えられている[7]。なお、787年延暦6年)に海岸で拾った薬師像を当地に祀ったことに端を発するという伝承がある[15]。また、太田道灌が当地で「かもめいる いさごの里にきてみれば はるかにかよう おきつ浦風」と詠んだことが『平安紀行』に残っている[7]が、この『平安紀行』そのものが後世の作であるとする説もある[11]

沿革[編集]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
砂子一丁目 418世帯 579人
砂子二丁目 732世帯 1,100人
1,150世帯 1,679人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[17][18]

丁目 番地 小学校 中学校
砂子一丁目 全域 川崎市立宮前小学校 川崎市立富士見中学校
砂子二丁目 全域

交通[編集]

鉄道[編集]

京浜急行電鉄本線大師線京急川崎駅が当地に所在するほか、JRの川崎駅も近隣に所在する。

路線バス[編集]

川崎駅東口を発着し、川崎市や東京都大田区の臨海部とを結ぶバス(川崎市交通局川崎鶴見臨港バス羽田京急バス)が多く当地を経由している。また、川崎市交通局の本局も当地に所在する。

道路[編集]

駅前から伸びる市役所通り(神奈川県道・東京都道9号川崎府中線)が砂子1丁目と2丁目の間を通るほか、南端を新川通(神奈川県道101号扇町川崎停車場線)が通っている。また、旧東海道も当地を南北に通っている。

施設[編集]

商店街[編集]

銀柳街
  • 銀柳街(南東半分が当地)
  • 川崎銀座街(南東半分が当地)
  • いさご通り
  • 仲見世通り
  • たちばなモール

金融機関[編集]

川崎信用金庫本店

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 町丁別面積(総務省統計局「地図で見る統計(統計GIS)」の数値)”. 川崎市 (2015年10月26日). 2018年2月15日閲覧。
  2. ^ a b 町丁別世帯数・人口”. 川崎市 (2018年1月25日). 2018年2月15日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年2月15日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年2月15日閲覧。
  5. ^ 区別町名一覧表(川崎区)”. 川崎市 (2012年4月6日). 2012年10月17日閲覧。
  6. ^ 町丁別面積(総務省統計局 統計GIS) Page white excel.png (XLS, 153KB) 川崎市、2015年10月26日(2016年10月20日閲覧)。
  7. ^ a b c d e f g h i j k 川崎地名辞典(上)』、p.17。
  8. ^ a b c d e f 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』、p.103。
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 川崎地名辞典(上)』、p.18。
  10. ^ a b c d e f g h i j 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』、p.102。
  11. ^ a b c 川崎の町名』、p.26。
  12. ^ a b c d 川崎地名辞典(上)』、p.6。
  13. ^ a b c d e f 川崎地名辞典(上)』、p.7。
  14. ^ a b 行政区画であり、鉄道駅である川崎駅と直接の関係はない。
  15. ^ 川崎の町名』、p.26。
  16. ^ 日本鉄道旅行地図帳 4号 関東2』 新潮社2008年、35頁。ISBN 978-4-10-790022-7。
  17. ^ 川崎市立小学校の通学区域”. 川崎市 (2015年4月1日). 2018年2月15日閲覧。
  18. ^ 川崎市立中学校の通学区域”. 川崎市 (2015年4月1日). 2018年2月15日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『川崎の町名』 日本地名研究所 編、川崎市、1995年
  • 『川崎地名辞典(上)』 日本地名研究所 編、川崎市、2004年
  • 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』 角川書店1984年