砂川一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

砂川 一郎(すながわ いちろう、1924年8月27日 - 2012年12月20日)は、日本鉱物学者

概要[編集]

東京出身。東北帝国大学卒業。通商産業省地質調査所(現:経済産業省産業技術総合研究所鉱床部長を経て東北大学理学部教授となる。

鉱物結晶の成長機構の研究で知られ、日本結晶成長学会会長、日本鉱物学会会長などを歴任した。西永頌らとともに、日本の結晶成長学の黎明期を支え、特にダイヤモンドをはじめとする天然鉱物の成長機構や、溶液中における結晶の成長機構の解明に大きく貢献した。

2012年12月20日、肺炎のため死去[1]。88歳没。

弟子に、塚本勝男(東北大学理学部教授)、佐崎元(北海道大学低温研教授)、北村雅夫(京都大学理学部教授)らがいる。

著作[編集]

  • 『ダイヤモンドの話』(岩波書店、1964年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 砂川一郎氏が死去 東北大名誉教授 日本経済新聞 2012年12月21日

関連文献[編集]