砂漠の戦場エル・アラメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
砂漠の戦場エル・アラメン
La Battaglia di El Alamein
監督 ジョルジオ・フェローニ
脚本 エルネスト・ガスタルディ・レミジオ・デル・グロッソ
製作 セルジオ・マルティーノ
出演者 フレデリック・スタフォード
音楽 カルロ・ルスティケッリ
撮影 セルジオ・ドフィツィ
配給 大映第一
公開 イタリアの旗 1969年1月23日
日本の旗 1969年2月11日
上映時間 106分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
言語 イタリア語
テンプレートを表示

砂漠の戦場エル・アラメン』(伊題:La Battaglia di El Alamein 英題:The Battle of El Alamein)は、1969年に公開されたイタリア・フランス合作映画である。

あらすじ[編集]

1942年6月、北アフリカの砂漠地帯エル・アラメインでは、ドイツエルヴィン・ロンメル将軍率いる枢軸軍とクロード・オーキンレック将軍指揮下のイギリス第8軍は激しい戦闘状態にあった。イタリア軍空挺師団「ファルゴーレ」の第四中隊はエル・アラメインの最前線を死守していたが、ある日、指揮官のジョルジオ中尉はイギリス軍の捕虜になってしまった。

8月に入り、イギリス第8軍の総司令官に新たにバーナード・モントゴメリー将軍が任命されると、彼は枢軸軍の補給切れを突いて一大攻勢を開始する。そして、その最前線にはイタリア軍もいた。イギリス軍の物量攻勢は凄まじく、ファルゴーレ師団はアリエテ戦車師団の支援も受けるが援軍は壊滅し、まともな対戦車兵器も少なく、弾薬切れに陥った残存イタリア兵は、ついに迫る英軍戦車の大部隊へ対戦車地雷爆薬、そして火炎瓶による肉薄攻撃を敢行する!

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

関連項目[編集]

炎の戦線エル・アラメイン
同じくエル・アラメイン戦を扱ったイタリア映画。イタリア軍パヴァア歩兵師団が主役。ただし、題材は本作が第一次エル・アラメイン戦に対し、あちらは第二次エル・アラメイン戦。