砂漠の黒薔薇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

砂漠の黒薔薇』(さばくのくろばら)は宝塚歌劇団ミュージカル作品。宙組[1][2]公演。形式名は「レビュー・アラビアンナイト[1][2]」。16場[1][2]

作・演出は酒井澄夫[1][2]。本公演における併演作品は『GLORIOUS!![1][2]』。

解説[編集]

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演[3]参考。

昔々のアラビア、バルク王国。母の死後、放浪の旅に出ていたアリシャール王子が王宮に戻ると、王国の父王の妃・ジャミラと大臣・カシム一味に乗っ取られそうになっていた。アリシャール王子は義賊"砂漠の黒薔薇"に扮し、一味の陰謀を暴こうとするが、王子を愛する隣国のマリヤーナ姫はカシムたちの秘密を知り、命を狙われる。アラビアの王国を舞台に、義賊の誉れ高い怪盗"砂漠の黒薔薇"の活躍を描いた作品。

トップスター・姿月あさとの宝塚サヨナラ公演。

公演期間と公演場所[編集]

スタッフ[編集]

※氏名の後ろに「宝塚」、「東京」の文字がなければ両劇場共通。

宝塚における休演者[編集]

主な配役[編集]

※下記のデータは宝塚・東京共通。「( )」は新人公演。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al 90年史 2004, p. 112.
  2. ^ a b c d e f g h i 90年史 2004, p. 116.
  3. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 180.

参考文献[編集]

  • 編集:森照実・春馬誉貴子・相井美由紀・山本久美子、執筆:國眼隆一 『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』 宝塚歌劇団、2004年4月20日。ISBN 4-484-04601-6。
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』 阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3。