砂田実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
すなだ みのる
砂田 実
生誕 (1931-10-17) 1931年10月17日(87歳)
日本の旗 東京都
職業 東京放送テレビプロデューサー
渡辺プロダクション常務取締役

砂田 実(すなだ みのる、1931年10月17日 - )は、日本のテレビプロデューサー演出家音楽プロデューサー。ラジオ東京→東京放送(TBS。後の東京放送ホールディングスTBSテレビTBSラジオ&コミュニケーションズ)、渡辺プロダクションを経てフリーランス東京都出身[1]

来歴・人物[編集]

戦争中は疎開先の石川県で勤労動員され、帰京後、東京都立第二十一中学校(現・東京都立武蔵丘高等学校)で青島幸男すぎやまこういちと同期になる[2]。同校入学後1年を経て、臨時募集で慶應義塾高等学校に転校[2]。同校の同級生に浅利慶太がいた[3]1955年慶應義塾大学仏文科を卒業し、ラジオ東京へ入社。1956年、前年開局のテレビ局内テレビ製作部に配属。主に音楽番組を専門にプロデューサー業務に従事。草創期のテレビ番組(特に音楽番組)の演出制作を行う。日本レコード大賞TBS歌謡曲ベストテン歌のグランプリ東京音楽祭の総合プロデューサーを務める。

日本の歌謡曲の発展にテレビ番組が果たした功績は大きいが、そのなかで砂田が携った日本レコード大賞東京音楽祭は、『音楽そのものの魅力』に加え、「テレビカメラの前の生演奏や聴衆の反応」や「受賞作品の発表等」の『テレビならではの演出』が大きな人気を獲得した。

当時のテレビ制作は、分業化がされておらず、社会的な認知も低かったことから、「音楽出版業界」と「プロダクション」との調整が、困難な時代であった。砂田は総監督としてこれを乗り越え、多方面の演出家や作曲家と協業し、番組を成功に導いている。

同時期にTBSに在籍した久世光彦実相寺昭雄、金野勉、鴨下信一、渡辺正文等とともに、テレビ番組の発展に貢献したひとりである。

TBS在籍時に、番組制作の傍ら、ザ・ピーナッツ森山良子五木ひろし等の様々な歌手からの依頼よりコンサートの舞台演出を手がけた。また副業で放送作家やCM制作と多方面で活躍。

1976年にTBSを退社、渡辺プロへ常務取締役として転籍。1985年の渡辺プロ退社後は、フリーとして、番組制作やイベントのプロデュースを行う。

詳細情報[編集]

企画・制作に関わったテレビ番組[編集]

日本レコード大賞自体は、テレビ放送前から日本作曲家協会により独自開催されていたものだが、砂田が着目し、野中杉二等とともに、1956年からテレビ放送化した。
国内大会(ゴールデンカナリー賞選出大会)の第1回から最終開催まで総合プロデューサーとして番組を総指揮(世界大会のプロデューサーは渡辺正文)。
総合プロデューサー。

制作に関わったCM[編集]

ステージ制作[編集]

著書[編集]

  • 『気楽な稼業ときたもんだ』(2010年12月3日、無双舎刊。ISBN 9784864084628)

受賞歴[編集]

  • 1965年 - 日本放送作家協会 CM作品賞
  • 1966年 - ACCフェスティバル金賞 アイデイアル洋傘
  • 1990年 - 日本テレビコマーシャル制作連盟 「昭和のコマーシャル100選」

関連人物[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 夕刊フジ 2011年1月26日付インタビュー記事の経歴欄。
  2. ^ a b 『植木等ショー! クレージーTV大全』p.189
  3. ^ 『植木等ショー! クレージーTV大全』p.191