砲塔四五口径四〇糎加農砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ここでは「要塞再整理要領」により、砲塔四五口径四〇糎加農と同じ目的により日本海軍から陸軍に移管された(保管転換海軍砲)他の口径の砲塔加農について述べる。


制式名[編集]

口径 41 cm
重量 1・3号砲 781.8 t
2号砲 977.7t
高低射界度 2 〜 +35°
方向射界度 300
初速 760 m/秒
射程 30.3 km
砲身長 1384 cm

砲塔四十五口径四十糎加農は、大日本帝国陸軍が保有していた砲塔形式の加農砲である。

概要[編集]

1922年大正11年)、ワシントン海軍軍縮条約の実施により、条約締結国は主力艦の保有数を制限することとなり、これに伴って日本でも多数の戦艦巡洋戦艦等が廃艦や建造中止または他艦種へ転用となった[1]

廃艦となる主力艦や、八八艦隊計画で建造中だった戦艦 加賀土佐巡洋戦艦 天城赤城主砲については、撤去・陸揚後に全てを保管するのは不可能であり、大部分は廃棄とせざるを得ない状況にあった。

一方、同時期の日本陸軍は、明治建軍以来の旧式化していた海岸要塞砲を更新し威力を増大するため「要塞再整理要領」により新しく海軍の36cm砲に似する大口径加農砲を海軍工廠に大量に発注していた[2]。このような状況下で、廃棄の運命にある海軍の艦砲を転用することで経済的に陸軍の海岸要塞砲の更新を実現できることから、陸海軍間で協議が行われ、陸軍は新型大口径加農砲の製造を取り止め、利用可能な艦砲を海軍から移管することとなった(保管転換海軍砲[3]


この計画の一環として、戦艦土佐の1、2番砲と巡洋戦艦赤城の1、4、5番砲も陸軍への移管対象として選定され、下表のように要塞に設置された[4]。陸軍での名称は「砲塔四十五口径四十糎加農」と定められた[5]

大正12年の段階で、加賀型戦艦の主砲塔は10基の全てが完成し、天城型巡洋戦艦の主砲塔は4基が完成または完成間近だった[6]。 これらは長門型装備砲塔の改良型で、加賀型戦艦分砲塔の陸軍移管分2基以外の残り8基は海軍で保管され、長門陸奥の両戦艦の近代化改装に改修の上、交換使用された。

陸軍への移管に際しては海軍も好意的な対応を取り計らい、砲1門につき砲弾100発を添えて陸軍へ送呈され、改造や据付工事についても海軍工廠による協力がなされた[3]

改修・設置については、改修内容をなるべく最小限にとどめて艦砲と同様な形で設置することとされ、弾薬庫についても艦砲と同様に地下の砲塔基部の周囲に設けられた。また、海軍の砲塔砲は搭載艦の動力源による水圧駆動で俯仰・旋回動作を行い、電力・圧縮空気も艦内から供給されていたことから、要塞砲としての設置にあたり、これらの動力源を確保するため砲塔の地下に動力室を設け、内燃機関で駆動する水圧ポンプや発電機、空気圧縮機を設置した[3]。砲塔四十五口径四十糎加農の場合、一号砲の例では水圧動力源として75馬力ディーゼルエンジンと60馬力水圧ポンプ3組、電力・空気源として32馬力ガソリンエンジンと3.7kW発電機+150気圧空気圧縮機1組及び8馬力ガソリンエンジンと3.7kW発電機+85気圧空気圧縮機1組が砲塔地下の動力室に備えられた[4]

砲塔の装甲板厚は前面305mm、側面・後面190-230mm、天蓋127-152mmであった[7]

観測具として電気誘導式の八八式海岸射撃具が設置され、砲塔と主観測所・分観測所は算定具に電気的に接続された[8]

設置場所[編集]

豊砲台砲塔基部
番号 搭載予定艦艦種 艦名 砲塔 設置砲台
一号砲 戦艦 土佐 二番砲塔 鎮海湾張子嶝砲台 昭和5年完成
二号砲 巡洋戦艦 赤城 一番砲塔 壹岐黒崎砲台 昭和6年完成
三号砲 戦艦 土佐 一番砲塔 対馬豊砲台 昭和8年完成
四号砲 巡洋戦艦 赤城 四番砲塔 未設置 対馬豆酘崎砲台予定(陸軍仕様砲塔に改修済。広島陸軍兵器補給廠に保管されたまま終戦)
五号砲 巡洋戦艦 赤城 五番砲塔 未設置 対馬棹崎砲台予定(陸軍仕様砲塔改修も未実施のまま左右砲身は広島陸軍兵器補給廠に保管)    
六号砲 巡洋戦艦         未設置 鎮海湾長承浦砲台予定(バラの完成砲身、天城一番(左)、天城二番(左)(右)、赤城二番(右)の内の2本を使用)広島陸軍兵器補給廠に保管
七号砲 巡洋戦艦         未設置 壱岐若宮島砲台予定(バラの完成砲身、天城一番(左)、天城二番(左)(右)、赤城二番(右)の内の2本を使用)広島陸軍兵器補給廠に保管


導入目的[編集]

上記のように砲塔四五口径四十糎加農は、最重要航路である朝鮮海峡に集中配備され、対馬北部、対馬北西部、対馬南部、壱岐北方、壱岐西部、巨済島、釜山港の7砲台が、朝鮮海峡系3要塞(対馬要塞壱岐要塞鎮海湾要塞)に別れて所属する計画であった。これら大口径加農砲台間に相互連絡通信網による強調体制を作る意図はあったようだが、3要塞の上級司令部を作るのか、先任司令部への配属関係にするのか、観測データの共有だったり、射光機照射連携だったりなのか、単なる海面区画割りだけなのか、詳細は不明である。
朝鮮海峡系3要塞の任務は遠距離大口径水上砲戦だけの海峡封鎖防備だけでなく、壱岐要塞佐世保要塞との港湾防備・沿岸防備の連携や、対馬要塞壱岐要塞下関要塞との港湾防備・沿岸防備や関門防備、そして鎮海湾要塞は、東京湾要塞下関要塞同等の港湾防備が求められる。鎮海湾要塞東京湾要塞下関要塞は陸側防備必要ないが、対馬要塞壱岐要塞は自らの離島防備自体の重要任務も持っていた。離島防備任務は同様に海峡・海面を抱える奄美大島要塞父島要塞澎湖島要塞とは比にならず、そこに津軽要塞下関要塞由良要塞豊予要塞以上の海峡防備を併せ持つ。そして鎮海湾要塞は、戦時に朝鮮半島南岸の麗水、木浦に設置の臨時要塞との沿岸防備連携の考慮も必要であるという、それぞれの要塞防備任務の内、最重要ではあるが多面任務の中の一つでしかなかったのである。
そして朝鮮軍第20師団)と西部軍第12師団)の隷下に跨っており、統一指揮下の要塞防備海面とするには広域過ぎ、平時はともかく戦時においても難しい問題である。そのため、海峡封鎖防備の戦略達成の司令部と、戦術達成のための設備という面の砲台連携と矛盾を含んでいる。砲塔四五口径四十糎加農の弾薬、備品だけを見ても補給廠を別々にしなければならなかった。そもそも朝鮮は外地なので法規的扱いも別になるし、単純に諸手当の問題をとっても同一隷下は困難で、戦時法規処置としても非常に困難であるからである。

「要塞整理要項」により同じく導入された他口径の砲塔加農[編集]

軍縮の結果として、「要塞再整理要領」で要塞砲に充当されることとなった海軍艦砲には、この新造戦艦用の主砲塔である砲塔四五口径四十糎加農の他に、条約廃棄主力艦の艦砲である 砲塔四五口径二十糎加農砲塔四五口径二十五糎加農砲塔四五口径三十糎加農砲塔五十口径三十糎加農らがあり、同様に呉海軍工廠で改修し陸軍へ移管された。

「要塞再整理第一期備砲着手順序」によると、砲塔四五口径四十糎加農7基、砲塔五十口径三十糎加農2基、砲塔四五口径三十糎加農12基、砲塔四五口径二十五糎加農7基の28基が、大正12年度から大正23年度の12年間で計画されている。第二期以降の備砲整備により合計は40基以上のを企図いたとみられる。

陸軍技術本部の事前調査では、一等海防艦周防(元ロシア前弩級戦艦ポベーダ)の40口径25.4cm連装砲、前弩級戦艦朝日敷島型戦艦 )の40口径安式30.5cm連装砲の調査も行っているが、移管価値なしと判定している。ただし陸軍に引き渡された砲弾の中には、四五口径三十糎砲弾の他に、敷島型戦艦前弩級戦艦用の四十口径三十糎砲弾も約750発含まれている。

海軍は、この「要塞再整理要領」による保管転換海軍砲と、八八艦隊建造開始前に行った整理と軍縮条約による廃艦により、大、中口径砲は、30.5cm、25.4cmが、兵器、弾薬とも状態が不良なものを除き全量が陸軍に移管され、32cm砲、17cmも合わせて整理、新たに長門型戦艦用41cm砲、空母赤城加賀一等巡洋艦用の20cm砲が本格的に加わったが類別整理となった。
また、海軍は大量の廃艦から大量の15.2cm砲、14cm砲、12cm砲、7.6cm砲等の備蓄を持った。この備蓄砲が太平洋戦争中に特設艦船や南方島嶼に設置されるのであった。


「要塞整理要項」による砲塔加農の設置計画[編集]

東京湾要塞

  • 千代ヶ崎砲台(砲塔四五口径三十糎加農 連装1基、戦艦鹿島 主砲の転用:陸軍重砲兵学校の砲塔加農練習隊の実習教材を兼ねる 大正14年)
  • 城ヶ島砲台(砲塔四五口径二十五糎加農 連装2基、戦艦安芸 中間砲の転用 昭和4年) 
  • 大房岬砲台(砲塔四五口径二十糎加農 連装2基、巡洋戦艦鞍馬 第1.第2副砲の転用、昭和7年)
  • 洲崎第一砲台(砲塔四五口径三十糎加農 連装1基、巡洋戦艦生駒 前部主砲の転用 昭和7年)    
  • 三崎砲台(砲塔四五口径三十糎加農 連装2基、戦艦安芸 主砲の転用⇒ 昭和8年「要塞再整理要領」の修正計画により設置中止)     

対馬要塞

  • 龍ヶ崎第一砲台(砲塔五十口径三十糎加農 連装1基、戦艦摂津 後部主砲の転用 昭和4年)  
  • 龍ヶ崎第二砲台(砲塔五十口径三十糎加農 連装1基、戦艦摂津 前部主砲の転用 昭和10年)

壱岐要塞

  • 的山大島砲台(砲塔四五口径三十糎加農 連装1基、戦艦鹿島 主砲の転用 昭和4年)

豊予要塞

  • 丹賀砲台(砲塔四五口径三十糎加農 連装1基、巡洋戦艦伊吹 後部主砲の転用 昭和7年)

津軽要塞

  • 大間崎砲台(砲塔四五口径三十糎加農 連装1基、巡洋戦艦 伊吹前部主砲の転用 昭和4年)   
  • 龍飛岬砲台(砲塔四五口径三十糎加農 連装1基、⇒ 昭和8年「要塞再整理要領」の修正計画により設置中止)    
  • 尻屋崎砲台(砲塔四五口径三十糎加農 連装1基、⇒ 昭和8年「要塞再整理要領」の修正計画により設置中止)

下関要塞

  • 蓋井島第一砲台(砲塔四五口径三十糎加農 連装1基、⇒ 昭和8年「要塞再整理要領」の修正計画により設置中止)
  • 筑前大島砲台(砲塔四五口径二十五糎加農 連装1基、⇒ 昭和8年「要塞再整理要領」の修正計画により設置中止)

佐世保要塞

  • 江ノ島砲台(砲塔四五口径三十糎加農 連装1基、⇒ 昭和8年「要塞再整理要領」の修正計画により設置中止)
  • 志々岐砲台(砲塔四五口径二十五糎加農 連装1基、⇒ 昭和8年「要塞再整理要領」の修正計画により設置中止)

旅順要塞

  • 老虎第二砲台(砲塔四五口径三十糎加農 連装1基、⇒ 昭和8年「要塞再整理要領」の修正計画により設置中止)

永興湾要塞

  • 大島第一砲台(砲塔五十口径三十糎加農 連装1基、戦艦摂津 前部主砲の転用 中止 ⇒ 対馬要塞.龍ヶ崎第二砲台へ変更)


その他、以下の分が陸軍仕様に未改修のまま陸軍に引き渡された。

  • 戦艦摂津:舷側砲(砲塔四五口径三十糎加農 連装4基)は予備品として分解保管された。
  • 戦艦安芸:主砲(砲塔四五口径三十糎加農 連装2基)、中間砲(砲塔四五口径二十五糎加農 連装4基)
  • 戦艦香取:主砲(砲塔四五口径三十糎加農 連装2基)、中間砲(砲塔四五口径二十五糎加農 単装4基)
  • 戦艦鹿島:中間砲(砲塔四五口径二十五糎加農 単装4基)
  • 巡洋戦艦鞍馬:主砲(砲塔四五口径三十糎加農 連装2基)、副砲(砲塔四五口径二十糎加農 連装2基)
  • 巡洋戦艦伊吹:副砲(砲塔四五口径二十糎加農 連装4基)
  • 巡洋戦艦生駒:後部主砲(砲塔四五口径三十糎加農 連装1基:陸軍仕様改修済)


砲塔加農の引渡しのタイミングは、海軍工廠で砲塔、弾薬の撤去、揚陸後、陸軍仕様へ改修、試射の後に引渡しとなり、その後、陸軍が運搬、据付行うこととなっていたが、海軍工廠には保管スペースが無く、撤去揚陸、即改修、即運搬据付ではなく、陸軍側要塞の予算、工事の都合によって、陸軍兵器本廠からの都度注文で改修を着手するため、工廠での兵器弾薬の撤去揚陸後、改修開始までの間、軍港近くの陸軍用地において兵器弾薬の一時集積を願い、また試射終了後も速やかなる搬出を求めた。陸軍は、これを了承し、横須賀の築城本部管理の要塞用地、広島の陸軍運輸部管理の似島に露天格納用地を準備した。

「要塞再整理要領」の要塞工事は順調に進行したが、その間に航空機潜水艦による戦術的驚異が急速に高まり、求められる要塞戦備が大きく変化した。そこで、昭和8年「要塞再整理要領」の修正計画により大口径加農砲の多くが設置中止となる。対空防備、対潜水艦防備への比重変更は、要塞そのものの任務、存在理由が変わり、単純な備砲の変更だけでなく、1コ1コの砲台の任務が変わり、またもや、新規砲台建設や統廃合の検討が必要となった。こうして、海軍工廠にて改修待ちであった砲塔加農が、今度は陸軍の都合で未改修のまま陸軍倉庫に残ったのである。


この後、満州国境地帯に要塞建築を行うが、弾薬在庫は潤沢であるが、搬入難度が高く、高度障害時には海軍の技術供与が望まれる砲塔加農は、内陸の満州には持ち込まなかった。そもそも、そのため満州にはわざわざ運用コストの高い試製四十一糎榴弾砲九〇式二十四糎列車加農を持ち込んでいる。ただし試製四十一糎榴弾砲破甲榴弾砲塔加農通常弾での期待されるシベリア鉄道の新イマン鉄橋破壊効果と他汎用性がどの程度検討されたかは不明である。
満州国境に設置した要塞砲の一部は本土要塞の任務変更が生じた砲台の備砲を移した。既存要塞高射砲高射機関砲・対潜水艦用の小口径砲を設置し、余剰となった 要塞砲満州に配置転換により要塞砲の製造を抑えたのである。

昭和10年には砲塔加農の設置を打切り、改修済の砲塔四五口径三十糎加農もあったが設置は見送られ、以後の設置は無かった。そして余剰ぎみとなった砲塔加農も時間があれば列車砲への転用候補である考えられていたが、戦局の悪化から無用兵器の感が強くなり、備品、部品等、多くの砲身も不要兵器の鉄源活用としてスクラップ化された。


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本陸軍の火砲 要塞砲』pp.439-440
  2. ^ 『日本陸軍の火砲 要塞砲』pp.255-261
  3. ^ a b c 『日本陸軍の火砲 要塞砲』pp.440-446
  4. ^ a b 『日本陸軍の火砲 要塞砲』pp.567-577
  5. ^ 『日本陸軍の火砲 要塞砲』pp.447-448
  6. ^ 石橋、大口径艦載砲 2018, p. 224.
  7. ^ 『日本陸軍の火砲 要塞砲』p.568
  8. ^ 『日本陸軍の火砲 要塞砲』pp.581-588

参考文献[編集]

関連項目[編集]