破風口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
破風口
加入道山(かにゅうどうやま) 馬場峠(ばばとうげ) 破風口(はふぐち) 大室山(おおむろやま)Mt.Omuro (Tanzawa) 06-2.jpg
画像の詳細
大野山から望む加入道山~大室山の稜線
標高 1,350 m
所在地 神奈川県足柄上郡山北町
山梨県南都留郡道志村
位置 北緯35度30分31秒 東経139度03分20秒 / 北緯35.50861度 東経139.05556度 / 35.50861; 139.05556座標: 北緯35度30分31秒 東経139度03分20秒 / 北緯35.50861度 東経139.05556度 / 35.50861; 139.05556
山系 丹沢山地
種類 山塊
破風口の位置
テンプレートを表示

破風口(はふぐち)は丹沢山地西部、神奈川県足柄上郡山北町山梨県南都留郡道志村の境にある[1]標高1,350mあまりの峠(鞍部)である。

概要[編集]

大室山から三国山へ伸びる甲相国境尾根の東部、加入道山と大室山の中間に位置する峠であり、加入道山~大室山の稜線を望見した際に見える最も低い鞍部が破風口である。 峠の南側(神奈川県側)は丹沢大山国定公園に指定されており、北側(山梨県側)は横浜市水道局水源涵養林として保護・管理されている[2]。破風口とは風が通り抜ける場所を意味する言葉である[3]

周辺の山[編集]

登山道[編集]

周辺の山小屋[編集]


関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『丹沢 2011年版 (山と高原地図 28)』 昭文社、ISBN 978-4398757685
  2. ^ 横浜市水道局 - 横浜市水道局HP 道志水源かん養林 2012年12月5日閲覧
  3. ^ 『丹沢・箱根 日帰りハイキング』、実業之日本社、2005年、ISBN 4-408-00131-7、p79

参考文献[編集]

  • 『丹沢 2011年版 (山と高原地図 28)』 昭文社、ISBN 978-4398757685
  • 『東京付近の山』、実業之日本社、2000年、ISBN 4-408-00124-4
  • 『ヤマケイ・アルペンガイド5 丹沢』、山と渓谷社、2012年、ISBN 978-4-635-01356-7
  • 『丹沢・箱根 日帰りハイキング』、実業之日本社、2005年、ISBN 4-408-00131-7