硝酸アルミニウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
硝酸アルミニウム
{{{画像alt1}}}
識別情報
特性
化学式 Al(NO3)3
モル質量 212.9962 g/mol(無水物)
375.1338 g/mol(九水和物)
外観 無色または白色の固体
吸湿性
密度 >1 g/cm3 ?
融点

73°C

沸点

135°Cで分解

への溶解度 60.0 g/100 ml (0°C)
危険性
安全データシート(外部リンク) External MSDS
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

硝酸アルミニウム(しょうさんアルミニウム)は硝酸アルミニウムで、化学式が Al(NO3)3 と表される。通常は水和物として存在し、中でも九水和物 (Al(NO3)3•9H2O) がよくみられる。

性質[編集]

無水物は無色の粉末で、化学式 Al(NO3)3 と表され、式量は 213.00 g/mol、融点は 73 ℃、135 ℃ で分解する。

九水和物は、化学式 Al(NO3)3•9H2O と表され、式量は 375.13 g/mol、融点は 70 ℃ で 150 ℃ で分解する。

また、この物質は強力な酸化剤であり、吸湿性がある。

用途[編集]

この物質を1200 - 1300 ℃ で熱分解し、酸化アルミニウムを製造する。

革なめしや制汗剤、防腐剤ウラン抽出、石油精製そしてニトロ化剤として使われている。

実験室では次の実験に使われる。(硝酸アルミニウム + 水酸化ナトリウム水酸化アルミニウム + 硝酸ナトリウム

関連項目[編集]