サッソライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Sassolite
黄色のサッソライト
分類 ホウ酸塩鉱物
シュツルンツ分類 6.AA.05
化学式 H3BO3
結晶系 三斜晶系
対称 P1
単位格子 a = 7.02 Å, b = 7.06 Å
c = 6.59 Å; α = 103.65°
β = 101.11°, γ = 59.98°; Z = 4
晶癖 鱗片状(擬似六方晶)、皮殻状、板状、平板状、鍾乳石状
双晶 双晶面:一般に[001]面
へき開 完全(へき開面:{001})、雲母質
粘靱性 切削性
モース硬度 1
光沢 真珠光沢がかったガラス光沢
灰色がかった白色、硫黄を含むと淡い黄色、酸化鉄を含むと淡い茶色、透過光下で無色
条痕 白色
透明度 透明
比重 1.46-1.50
光学性 双軸結晶 (-)
屈折率 nα = 1.340 nβ = 1.456 nγ = 1.459
複屈折 δ = 0.119
光軸角 2V 測定値: 5°、計算値: 16°
溶解度 水に溶解する
文献 [1][2][3]
プロジェクト:鉱物/Portal:地球科学
テンプレートを表示

サッソライトSassolite)もしくは硼酸石(ほうさんせき)[4]ホウ酸塩鉱物のひとつであり、その主組成はホウ酸である。火山噴気孔熱水泉堆積岩の一種である蒸発岩の層状鉱床などに存在する[1] 。軟らかく軽いという鉱物に稀な特徴を持つ[4]

サッソライトが初めて言及されたのは1800年のことであり、発見地であったイタリアトスカーナ州ピサ県にあるコムーネカステルヌオーヴォ・ディ・ヴァル・ディ・チェーチナのサッソ・ピザーノに由来して「サッソライト」と命名された[3]。サッソをはじめとするトスカーナ州内のラグーンに存在し[2]、日本では北海道昭和新山などで発見されている[4]。通常は灰色がかった白色をしており透過光で観察すると無色であるが、不純物として硫黄酸化鉄が含まれると黄色や茶色に着色する[1]

1827年から1872年までの間、サッソライトはヨーロッパにおける主要なホウ砂原料として資源利用されていたが、アメリカ合衆国で大規模なホウ酸塩鉱物の鉱床が発見されると、アメリカ産の天然ホウ砂などに取って代わられていった[5]

出典[編集]

  1. ^ a b c Handbook of Mineralogy
  2. ^ a b Webmineral.com
  3. ^ a b MinDAT
  4. ^ a b c 硼酸石”. コトバンク. 2017年7月9日閲覧。
  5. ^ Calvert, J. B.. “Boron”. University of Denver. 2009年5月5日閲覧。