碇山洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

碇山 洋(いかりやま ひろし、1960年7月[1] - )は、日本経済学者。商学修士[1]。専門は財政学、地域環境管理論。日本財政学会、日本地方自治学会、日本地方財政学会所属[1]大阪府生まれ。

経歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

編著[編集]

  • 『「内発的発展」を支える企業家精神:金沢・石川のビジネスキーパーソンに学ぶ』(能登印刷出版部、2010年)

共編著[編集]

  • (佐無田光・菊本舞)『北陸地域経済学:歴史と社会から理解する地域経済』(日本経済評論社、2007年)

監修[編集]

  • (能登印刷出版部編)『異彩を放つ石川の百年企業:永続的発展の秘訣を探る』(能登印刷出版部、2012年)

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d 金沢大学研究者情報、2013年4月16日閲覧