碇義朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

碇 義朗(いかり よしろう、1925年〈大正14年〉12月21日 - 2012年〈平成24年〉10月16日[要出典])は、日本の航空自動車研究家、作家である。

概要[編集]

鹿児島県奄美大島生まれ。東京都立航空工業学校卒業後、1942年(昭和17年)12月より陸軍航空技術研究所に勤務。戦後、横浜工業専門学校(現:横浜国立大学)卒業。

航空機・自動車研究家として各誌に執筆。著書に 『最後の撃墜王』、『紫電改の六機』、『陸軍「隼」戦闘機』、『戦闘機入門』、『最後の二式大艇』、『夢の超特急走る』、『ハイブリッドカーの時代』、『ペルシャ湾の軍艦機』、『飛龍天に在り』など多数。カナダ零戦99式艦爆の復元に協力した他、外地に残る旧日本軍機の調査に尽力した。

アメリカ航空史協会会員、アメリカ空軍歴史財団会員、カナダ・カーマン名誉市民。

参考文献[編集]

  • 『幻の戦闘機・秋水・火龍・烈風・震電・・・開発の歴史』 サンケイ出版、1980年8月11日
  • 『陸軍「隼」戦闘機』 光人社NF文庫、1995年

関連項目[編集]