碧南駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
碧南駅*
MT-Hekinan Station-Building 5.jpg
駅舎と待合所 (2020年10月)
へきなん
HEKINAN
MU10 碧南中央 (1.6km)
所在地 愛知県碧南市中町五丁目48
駅番号 MU  11 
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 三河線
キロ程 39.8km(猿投起点)
知立から18.5km
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
3,972人/日
-2018年[1]-
開業年月日 1914年大正3年)2月5日
備考 無人駅駅集中管理システム導入駅)
*1954年大浜港から改称
吉良吉田方面

(0.7km) 玉津浦


廃止年月日:2004年平成16年)4月1日


三河線
大浜口支線

(0.4km) 大浜口(貨)


キロ程:0.0km(大浜港起点)
廃止年月日:1946年(昭和21年)8月1日
テンプレートを表示
地図
1
碧南駅
2
大浜口駅跡地(痕跡無し)
3
大浜口広場

碧南駅(へきなんえき)は愛知県碧南市中町五丁目48にある、名鉄三河線。駅番号はMU11

同線の終着駅manacaが使用可能である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式1面2線ホームを持つ地上駅。駅舎とホームは構内踏切で連絡している。終着駅であるにも拘らず駅集中管理システム(管理駅は知立駅[10])による無人駅となっており、知立駅から遠隔管理されている。保線員やパートの清掃員は昼間時間帯は居る。駅南側のかつての本線部分を含めて留置線があり、車両の夜間滞泊や入換え、増解結が行われている。そのため、無人駅であるが、運転要員は常駐している。また、当駅に到着した電車の開扉をするのも運転要員の役目である。

現在の駅舎は名鉄の2017年度・2018年度設備投資計画によって建設された[11]。一方、改札外に隣接する待合室は駅周辺整備事業の一環として碧南市が建設したもので、2020年9月1日より供用を開始した[9]。駅舎とデザインの統一感を持たせるため黒を基調とした外観で、屋根には三州瓦を使用している。待合室内には地元業者から寄贈された陶磁器製の椅子とテーブルが4組設置されたほか[9]、トイレ、自動販売機、特産品展示ショーケースなどを備える[12]

今後は2023年完工を目途に駅西側ロータリーの整備と周辺道路の拡幅が予定されている[9][13]

のりば
番線 路線 行先
1・2 MU 三河線(海線)[14][15][注釈 1] 知立ゆき[17]

配線図[編集]

碧南駅 構内配線略図

刈谷・
知立方面
碧南駅 構内配線略図
吉良吉田方面
(廃止)
凡例
出典:[18]


利用状況[編集]

  • 『名鉄120年:近20年のあゆみ』によると2013年度当時の1日平均乗降人員は3,701人であり、この値は名鉄全駅(275駅)中116位、 三河線(23駅)中10位であった[19]
  • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は2,883人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中146位、 三河線(38駅)中14位であった[20]
  • 愛知県の統計によれば、1日平均の乗車人員は2006年度1,674人、2007年度1,678人である。
  • 『碧南の統計』によると、近年の1日平均乗降人員は下表のとおりである[21]
年度 1日平均
乗降人員
2009年(平成21年) 3,364
2010年(平成22年) 3,456
2011年(平成23年) 3,501
2012年(平成24年) 3,523
2013年(平成25年) 3,701
2014年(平成26年) 3,627
2015年(平成27年) 3,743
2016年(平成28年) 3,823
2017年(平成29年) 3,956
2018年(平成30年) 3,972

大浜口支線[編集]

大浜口支線は碧南駅 - 玉津浦駅間にあった三河線の貨物支線で、支線終点の大浜口駅は源氏橋西側付近に位置していた。駅は掘川に面しており、衣浦港の船運と東海道本線(三河線経由で刈谷駅連絡)とを結ぶ中継拠点となっていたが、貨物量の減少に伴い1946年昭和21年)に廃止された[5]。現在は跡地付近に碧南レールパーク「大浜口広場」が整備されている(大浜口駅が碧南駅から見て南西側にあったのに対し、大浜口広場は南東側に所在)。

なお、大浜口支線は大浜臨港線とも呼び、玉津浦駅から分岐する貨物側線(大浜臨港線運送専用線)としばしば混同される[22]

1943年当時の大浜港駅配線略図[23]。大浜港 - 玉津浦間に側線があるが、配線略図では大浜港駅構内としている。

駅周辺[編集]

碧南市発足前の旧・大浜町に所在。碧南市の中心街からは南西に位置している。

主な施設[編集]

バス路線[編集]

ふれんどバス
三河線の碧南駅・吉良吉田駅間の廃止に伴う代替バスで、旧沿線自治体で構成するふれんどバス運行協議会からの委託によりバス会社が運行している。
くるくるバス
碧南市からの委託により、バス会社が運行する運賃無料の市内巡回バスで、1路線2コースが碧南駅前から発着する。

隣の駅[編集]

現存区間[編集]

名古屋鉄道
MU 三河線(海線)
碧南中央駅(MU10) - 碧南駅(MU11)

廃止区間[編集]

名古屋鉄道
三河線(海線)
碧南駅 - 玉津浦駅
三河線大浜口支線
碧南駅 - 大浜口駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 名鉄公式サイトにおいては「三河線(知立〜碧南)」と表記される[16]

出典[編集]

  1. ^ 碧南の統計 令和元年版 7 運輸・通信 市内各駅乗降客の状況”. 碧南市. 2020年3月11日閲覧。
  2. ^ a b c 今尾恵介(監修)『日本鉄道旅行地図帳』7 東海、新潮社、2008年、45頁。ISBN 978-4107900258。
  3. ^ 『神谷傳兵衛』(中日新聞社、2018年)250 - 260頁、新實守『三河鉄道(現・名鉄三河線)の救世主』
  4. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編)『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年、970頁。
  5. ^ a b 棚尾の歴史を語る会 テーマ81 「名鉄臨港線大浜口駅」 - 第50回 棚尾の歴史を語る会 次第 (PDF)”. 碧南市. 2019年3月31日閲覧。
  6. ^ 神谷力(編)『三河を走って85年―三河線・挙母線とともに歩んだ郷土の歴史と文化』郷土文化社、2000年、234頁。ISBN 978-4876701292。
  7. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編)『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年、236頁。
  8. ^ 清水武『名古屋鉄道各駅停車』洋泉社、2016年、96頁。ISBN 978-4-8003-0800-9。
  9. ^ a b c d e f 福沢和義 “碧南駅待合所 利用始まる 陶磁器製のテーブルとイスも設置”、中日新聞第27956号(2020年9月2日)、日刊11版、12面〔西三河版〕
  10. ^ SF カードシステム「トランパス」導入路線図 - 名古屋鉄道、2005年8月19日
  11. ^ 2018 年度 名古屋鉄道 設備投資計画”. 名古屋鉄道. 2019年4月1日閲覧。
  12. ^ <9月1日>碧南駅待合所オープン”. 碧南市 (2020年9月2日). 2020年10月1日閲覧。
  13. ^ 位置図 (PDF)”. 碧南市. p. 9. 2020年6月21日閲覧。
  14. ^ 清水武「名古屋鉄道各線相互の直通運転」『鉄道ピクトリアル』第246巻、電気車研究会、1971年1月、 64頁。
  15. ^ 太田貴之「輸送と運転 近年の動向」『鉄道ピクトリアル』第816巻、電気車研究会、2009年3月、 38頁。
  16. ^ 三河線 路線・駅情報 - 電車のご利用案内、2019年4月2日閲覧
  17. ^ 駅時刻表:名古屋鉄道・名鉄バス、2018年2月24日閲覧
  18. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第816号 2009年3月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、巻末折込「名古屋鉄道 配線略図」
  19. ^ 名鉄120年史編纂委員会事務局(編)『名鉄120年:近20年のあゆみ』名古屋鉄道、2014年、160-162頁。
  20. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編)『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年、651-653頁。
  21. ^ 碧南の統計 - 碧南市
  22. ^ 棚尾の歴史を語る会 テーマ82 「大浜臨港線運送株式会社」 - 第50回 棚尾の歴史を語る会 次第 (PDF)”. 碧南市. 2019年3月31日閲覧。
  23. ^ 清水武、田中義人『名古屋鉄道車両史 上巻』、アルファベータブックス、2019年、p.183、ISBN 978-4865988475

関連項目[編集]