碧海さりお

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

碧海 さりお(あおみ さりお、6月16日[1] - )は、宝塚歌劇団星組に所属する男役スター。

石川県金沢市[1][2]星稜高等学校出身[1][2]。身長169cm[1][2]。愛称は「ちゃりお」、「さりお」[1][2]

来歴[編集]

2013年、宝塚音楽学校入学。

2015年、宝塚歌劇団に101期生として入団[2][3][4]。入団時の成績は5番。月組公演「1789」で初舞台[1]。その後、星組に配属[4]。同年放送のNHKドラマ「経世済民の男 小林一三」後編に出演[5]。総勢14名のタカラジェンヌで、初期の宝塚歌劇の舞台を再現した[5]

2020年、礼真琴舞空瞳トップコンビ大劇場お披露目となる「眩耀の谷」で、新人公演初主演[2][3][6][4]。入団5年目での抜擢となった[2][6]

人物[編集]

小学校高学年で宝塚を初観劇し、その日に入団を志した[2]

高校在学中に来校したOB・本田圭佑が口にした「何事にも限界はない。あきらめたら自分が負けだ」との言葉を胸に、最後のチャンスとなる4度目の挑戦で音楽学校に合格を果たした[2][6]

芸名の「碧」は紺碧の空からとり、可能性は無限という思いをこめた[4]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

星組時代[編集]

TV出演[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2020年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2020年、115頁。ISBN 978-4-86649-125-7
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m サッカー本田魂で星組新人公演初主演/碧海さりお”. 日刊スポーツ. 2020年2月13日閲覧。
  3. ^ a b c 星組・碧海さりおが新人公演初主演!新トップ・礼真琴に「どこまでも付いていきたい」”. スポーツ報知. 2020年2月25日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 新生星組披露公演の新人公演で、主演を射止め可能性に挑戦”. ウィズたからづか. 2020年3月21日閲覧。
  5. ^ a b c 阿部サダヲが現役タカラジェンヌたちと競演!ニュースウォーカーより
  6. ^ a b c d 星組の新人公演で碧海さりお初主演「すごく緊張」”. 日刊スポーツ. 2020年2月25日閲覧。