磁性半導体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

磁性半導体 (じせいはんどうたい、Magnetic Semiconductor) とは、強磁性半導体の両方の性質を合わせ持つ物質。スピントロニクス材料として用いられる。半導体の電気デバイスとしての性質を用いた電気的制御により、磁気特性をコントロールすることが可能である。

現在は、主に半導体結晶成長の際に磁性不純物を入れる、希薄磁性半導体が主流である。

関連項目


過去1時間の間にもっとも読まれた記事
安藤サクラ くっきー 本庄優花 あおぞら信託銀行 ウェンツ瑛士 光永亮太 成宮寛貴 志村けん 賀来賢人 古舘伊知郎 千葉雄大 片山さつき 山口真由 松島トモ子 坂下麻衣 金子さやか 池津祥子 沢田研二 あおい輝彦 桜田通
「磁性半導体」のQ&A
1  バンドギャップについて
2  固体物理に関する著名な科学者
3  http://patft.uspto.gov…
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について