磁性半導体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

磁性半導体 (じせいはんどうたい、Magnetic Semiconductor) とは、強磁性半導体の両方の性質を合わせ持つ物質。スピントロニクス材料として用いられる。半導体の電気デバイスとしての性質を用いた電気的制御により、磁気特性をコントロールすることが可能である。

現在は、主に半導体結晶成長の際に磁性不純物を入れる、希薄磁性半導体が主流である。

関連項目


過去1時間の間にもっとも読まれた記事
桜井幸子 青木源太 仲本工事 小嶺麗奈 上沼恵美子 桑名正博 バカリズム 辻岡義堂 荻野目洋子 内村光良 Little Glee Monster 丸佳浩 やしきたかじん 上田正樹 松坂慶子 桝太一 河島英五 阿佐ヶ谷姉妹 天童よしみ 徳永有美
「磁性半導体」のQ&A
1  バンドギャップについて
2  固体物理に関する著名な科学者
3  http://patft.uspto.gov…
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について