磐梨郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岡山県磐梨郡の位置

磐梨郡(いわなしぐん)は、1900年まで岡山県備前国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

歴史[編集]

かつては石生郡岩生郡磐生郡などとも表記され、読み方も「いわなす」「いわぶ」など様々で統一されていなかったが、明治初期の郡区町村編制法施行時に「磐梨」と書き「いわなし」と読むように統一された。

郡域は、古くは赤坂郡の一部だった。続日本紀の記載では、721年養老5年)に赤坂郡東部(吉井川西岸一帯)、邑久郡北部をそれぞれ割譲し、両地域を藤原郡とし、藤原郡が東野郡藤野郡)と改称、788年延暦7年)に吉井川以西を磐梨郡、以東を和気郡として分割した。

磐梨郡南部、赤坂郡南部、上道郡東部、邑久郡西部は、それぞれの郡境が近く、郡境を越えて備前国の中心地であったとされ、一時国府が在ったともいわれている(他に上道郡西部や御野郡などの説がある)。和気郡同様、古くから豪族和気氏の勢力下にある地域であった。

和名抄には和気郷、石生郷、珂磨郷、肩背郷、礒名郷、物部郷、物理郷の7郷が記載されている。なお、物理郷は書物によっては上道郡として記載されているものもある。また、和気郷は、和気郡ではなく本郡に所属している。郡衙の位置は不明である。

近世以降の沿革[編集]

沖村、下村、瀬戸村、光明谷村、森末村、坂根村、江尻村、肩脊村、大内村、寺地村、南方村、宗堂村、塩納村、鍛冶屋村、大井村、多田原村、梅保木村、二日市村、徳富村、小瀬木村、釣井村、河田原村、吉原村、松木村、円光寺村、本村、原村、元恩寺村、田原下村、田原上村、沢原村、可真下村、可真上村、弥上村、野間村、稗田村、石蓮寺村、佐古村、殿谷村、父井村、小原村、市場村、寺山村、米沢村、津瀬村、稲蒔村、来光寺村、塩木村、石村、八島田村、暮田村、矢田部村、宇屋村、土生村、壁村、三宅村、大方村、田中村、田尻村、加賀知田村、西谷村、東谷村、酌田村、岡村
  • 明治4年7月14日1871年8月29日) - 廃藩置県により岡山県の管轄となる。
  • 明治8年(1875年) - 以下の村の統合が行われる。(53村)
    • 万富村 ← 多田原村、梅保木村
    • 父井原村 ← 父井村、小原村
    • 佐伯村 ← 市場村、寺山村
    • 光木村 ← 来光寺村、塩木村
    • 宇生村 ← 宇屋村、土生村
    • 加三方村 ← 壁村、三宅村、大方村
    • 小坂村 ← 田中村、西谷村、東谷村
    • 田賀村 ← 田尻村、加賀知田村
    • 元恩寺村が原村に合併。
  • 明治11年(1878年9月29日 - 郡区町村編制法の岡山県での施行により、行政区画としての磐梨郡が発足。郡役所が吉原村に設置。

町村制以降の沿革[編集]

  • 明治22年(1889年6月1日 - 町村制の施行により、以下の各村が発足。(11村)
    • 佐伯北村 ← 稲蒔村、光木村、石村、八島田村、暮田村(現・赤磐市)
    • 佐伯本村 ← 父井原村、佐伯村、米沢村、津瀬村(現・和気郡和気町)
    • 佐伯上村 ← 田賀村、宇生村、矢田部村、加三方村、小坂村(現・和気郡和気町)
    • 石生村 ← 田原上村、田原下村、原村、本村(現・和気郡和気町)
    • 豊田村 ← 円光寺村、吉原村、河田原村、釣井村、徳富村、小瀬木村、松木村(現・赤磐市)
    • 小野田村 ← 沢原村、殿谷村、岡村、佐古村、酌田村(現・赤磐市)
    • 可真村 ← 可真下村、可真上村、弥上村、野間村、稗田村、石蓮寺村(現・赤磐市)
    • 太田村 ← 二日市村、万富村、大井村、鍛冶屋村(現・岡山市)
    • 吉岡村 ← 宗堂村、塩納村、坂根村、南方村(現・岡山市)
    • 物理村 ← 森末村、寺地村、光明谷村、瀬戸村、下村、沖村(現・岡山市)
    • 潟瀬村 ← 江尻村、肩脊村、大内村(現・岡山市)
  • 明治33年(1900年4月1日 - 郡制の施行により、赤坂郡・磐梨郡の区域をもって赤磐郡が発足。同日磐梨郡廃止。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
東野郡
行政区の変遷
788年 - 1900年
次代:
赤磐郡